【テクテクライフ】TTP(テクテクポイント)の効率的な集め方は? ポイントは小さな字(あざ)!

本記事では『テクテクライフ』の遊び方の基本を紹介します。

ポイントは小さな“字(あざ)”を探すこと

『テクテクライフ』には街区が集まって一つのグループとなっている“字(あざ)”という単位があります。この字を全て塗り終わる(げんちぬりやとなりぬりは関係なし)と、500TTPが入手可能。

つまり、塗る面積の小さい字を積極的に塗っていくことで効率よくTTPを稼ぐことが可能。

▼こちらは一例。東京都新宿区にある神楽坂エリア。小さな字が密集しているのでTTP稼ぎにぴったり。


▼こちらは東京都渋谷区にある千駄ヶ谷周辺。こういった大きな字の地区は全て塗り切るのに多くのTTPを消費する必要があるので効率は悪いです。


▼上記で紹介した神楽坂エリアを実際にとなりぬりしている様子。

▼10分ほどでここまで塗れました。左上のTTPが大幅に増加しています。


昔の街並みが残っている地域は小さな字が密集している箇所が多い傾向があるので、ぜひ近所の稼ぎスポットを探してみてくださいね!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!