Xiaomiの『Amazfit GTR 2』『GTS 2』が日本発売決定!最長38日連続使用できる高機能スマートウォッチ【音楽再生機能・常時点灯対応】

Xiaomiのグループ会社Huamiから「Amazfit GTR 2」「Amazfit GTS 2」がグローバル向け発表されました。この2機種の日本向けの発売も告知されています。


円形ディスプレイの『GTR 2』と長方形の『GTS 2』

今回発表された「Amazfit GTR 2」と「Amazfit GTS 2」の主な特徴は以下の通り。

  • 3Dガラスに覆われた、ベゼルレス有機ELディスプレイ
  • マイク・スピーカー搭載で通話も可能
  • 音声アシスタント「Amazon Alexa」対応
  • 3GBの内部ストレージで約600曲を保存・再生可能
  • Bluetoothイヤホン等と接続可能
  • GPSやSpO2センサーなど、多数センサーを搭載
  • 深度50メートルの耐水性

2機種のほとんどのスペックは共通しており、価格はアメリカ発表価格で179ドル(約1.9万円)です。

その他にも通知機能やタッチ決済など、必要な機能はほぼ搭載されています。先月発表された中国版とは、音声アシスタントなど若干の差異があります。

発売はまずアメリカ向けにGTR 2は10月30日、GTS 2は11月1日から発売されます。日本発売の日時は未定です。

Amazfit GTR 2



Amazfit GTR 2は454×454pxの円形AMOLED(有機EL)ディスプレイを備えたモデルになります。3Dガラスで覆われたベゼルレスディスプレイは中々の高級感です。

筐体はステンレス製。バッテリーは471mAhで、通常使用で14日間、最長では38日間という超ロングバッテリーライフを誇ります。

Amazfit GTS 2



Amazfit GTS 2は四角い348×442pxのAMOLEDディスプレイを採用。より使いやすいデザインです。

こちらの筐体はアルミ製で、バッテリーはGTR 2より小さくなっています。それでも通常で約7日間、最長20日間の連続使用が可能と十分な長さです。

発売は今年中?とにかくGTR 2が欲しすぎる

日本発売はすでに公表されているため、早ければ今年中には発売されそうです。価格も変わらず2万円程度となるでしょう。

筆者が特に気になっているのはAmazfit GTR 2。筐体には高価なステンレスが利用され、バッテリーも14日間持続。その他多数機能が盛り込まれて2万円以下は正直安すぎです。

GTS 2も魅力的。円形ディスプレイのデザインも良いですが、実用性を考えるならば四角い方がよさそうですね。とにかく日本発売が待ちきれません!

<関連記事>
【日本発売】Mi Band 5進化版『Amazfit Band 5』がAmazonなどで発売開始!
超スタイリッシュなスマートウォッチ『Amazfit GTR 2』『GTS 2』が発表【約1.5万円から】

画像はAmazfitから

この記事のカテゴリー:テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!