Apple、『AirPods Pro』の修理サービスプログラム発表。異音やノイズキャンセリングの問題

Appleが『AirPods Pro』の修理サービスプログラムを発表しました。

パチパチと異音がしたり、ノイズキャンセリングが効かない問題


Appleは完全ワイヤレスイヤホン『AirPods Pro』のごく一部で音の問題が起きる可能性があるとして、修理サービスプログラムを発表しました。

対象となる『AirPods Pro』は、2020年10月より前に製造されたモデルです。

以下のような症状が発生することがあるとのこと。

  • AirPods Pro から異音 (「パチパチ」という音など) がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。
  • アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音 (街頭や飛行機の騒音等) が大きくなるなど。

対象となる『AirPods Pro』は、AppleやApple正規サービスプロバイダで無償修理サービスが受けられます。

『AirPods Pro』を購入したユーザーは、一度相談してみてください。

※画像は「Apple」より

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!