【超優秀】新Macに搭載『Apple M1』のベンチマーク結果が判明【ノート向けSocの革命?】

Appleが今月発表した新MacBook Air、13インチMacBook Proに搭載された独自チップセット「Apple M1」。ベンチマーク「GeekBench」のスコアが明らかになり、その性能の高さが期待されています。

Apple M1(13インチMacBook Pro)のベンチマーク結果!


画像引用:GeekBench

GeekBenchに登録されたAppple M1(13インチMacBook Pro)のベンチマークスコアはシングルコアが1726、マルチコアが7580となっています。

直近でアップロードされている旧13インチMacBook(Core i7搭載モデル)のスコアはシングルコア1254、マルチコア4595。16インチMacBook(Core-i9)がシングルコア1056、マルチコア6687。この結果を見る限り、Apple M1は本当に優れたSocのようです。

詳細なベンチマーク結果についてはこちら(GeekBench)。

また、登録された情報によれば、Apple M1の構成は以前GeekBenchに登録されたA14X Bionicにかなり近しいです。モバイルPC向けIntel i7やIntel i9を超えるようなSocが、今後iPad Proにも搭載される可能性があるかもしれません。

実機を触るまで分からないが、Apple M1には十分期待出来そう



Appleは発表イベントで、M1の性能の高さを大々的にアピールしていました。あまりの性能に正直半信半疑なところもありましたが、Apple M1のスコアは本当に高い様子。この性能で省電力性能も確保しているというのは本当に凄いです。

ただしアプリ・ソフト側の最適化の問題もあり、Apple M1が本当の力を発揮するにはもう少し時間がかかるかもしれません。GeekBenchに登録されたスコア通りの性能が体感できるかどうか、実機が市場に出回るのが楽しみです。

画像はApple

この記事のカテゴリー:テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!