アルセーヌの評価・適正、わくわくの実をモンスト攻略班が徹底解説! ユーザーの評価&反応も!

アルセーヌ(アナーキーモード)の評価点数(10点満点)

評価担当
アルト
モンスト攻略ライターアルト
「高難易度クエストで活躍できるかどうか」を重点的にチェックするタイプ。
汎用性が低くても、特定のクエストで大暴れするキャラに高い点数を付けることが多い。
また「派手で強力な友情コンボ」が好きで、とくに“グロウスフィア”が最近のお気に入り。
ブラボー成田
汎用性、もしくは特定のクエスト特化キャラどちらかに振り切ってるキャラを評価するタイプ。
好きな撃種は貫通タイプ。


アルト:【9.5点】

アルセーヌ(アナーキーモード)は3つの新アビリティが強力。非常に攻撃的な性能です。

まず「ファーストキラー」ですが、最初にふれた敵種族へキラーが発動することから、どの種族に対してもキラーを発揮可能な「全種族キラー」とも言えるアビリティになっています。
「超アンチ減速壁」での加速は直殴り回数の増加に貢献。「SSターンブースト」は強力なストライクショットをより早いターンで撃つために役立ちます。

とくに注目したいのはストライクショット(壁をすり抜けふれた最初の敵を乱打し、ふっとばす)の威力。説明文には書かれていませんが火力アップのための隠し要素が「使ってみた動画」から判明しています。
それは「すり抜ける回数に応じて、ふっとばしのダメージが大幅にアップする」ということです。

アルセーヌSS1



▲「使ってみた動画」より。すり抜けを何度もしながらボスへ近づき……。

アルセーヌSS2



▲乱打+ふっとばしが発動。乱打は342万ダメージほどだが、ふっとばしで約600万ダメージが追加!

(画像引用元:【超・獣神祭限定新キャラ】アルセーヌ使ってみた!新友情コンボ 「クロス爆撃」と「パワードライブ」が登場!さらに3つの新しいアビリティも登場!【新キャラ使ってみた|モンスト公式】 – YouTube

1回のすり抜けでおそらく62万程度ずつダメージがアップする模様。果たしてどこまで上げられるのか試してみたいところです。

強力な直殴り性能を持つアルセーヌ(アナーキーモード)は高難易度クエスト向け。
とくに直殴り倍率がアップしている「ラウドラ【轟絶・究極】」や「未開の大地【9】」などは適正です。

また、「ワープ」「重力バリア」「減速壁」に対応できるキャラは希少なので将来性もあります。もし入手したら、ぜひ加撃系の実を付けて育成することをオススメします。

ブラボー成田:【9.5点】

基本5.0点に【プラス点】と【マイナス点】を加味して得点を出します。

【プラス点】

・2種のキラーを所持【+1.0点】
・強力なSS【+1.0点】
・強力な友情【+1.0点】
・3つのギミックに対応【+1.5点】

【マイナス点】

なし

【コメント】

トータルで9.5点です

注目は2種のキラーを持つ点。
狙った相手に火力を出しやすく、素アビの「ファーストキラー」友情にも乗るのがGOOD!
「クロス爆撃」はこれまでの「爆撃」よりも有効範囲が広く、味方の友情誘発に貢献。

友情・殴り、共に大きなダメージが狙え超スピード型にすることで、さらに殴りダメージを伸ばすことも可能です。
加撃で盛って攻撃力を上げることをお勧めします。

アルセーヌの適正クエスト

より適正のクエストから順番に紹介します。

★最適★
ラウドラ【轟絶・究極】 未開の大地【9】
大黒天廻【超絶・廻】 カルマ【超絶】
覇者の塔 24階 金剛夜叉明王【超絶】(※埋め込み地雷に注意)
禁忌の獄【十九ノ獄】
◯活躍できる◯
クシナダ【超絶】 イザナミ【超絶】
ニルヴァーナ【超絶】 「覇者の塔」27階
ツクヨミ【超絶】 毘沙門天廻【超絶・廻】
ティファレト【超絶】

アルセーヌのおすすめ神殿

:おすすめ
△:連れていけなくはない
×:連れていかないほうが良い

神殿 修羅場 時の間
火・壱 × ×
火・弐 ×
水・壱 ×
水・弐 ×
木・壱 ×
木・弐
光・壱 × ×
光・弐
闇・壱 ×
闇・弐

アルセーヌのおすすめ「わくわくの実」

※おすすめ順に記載しています。

  1. 同族の絆・加撃→キラーの効果が乗る直殴りをさらに強化
  2. 同族の絆・加撃速/加命撃→ほかのキャラとの相乗効果を図る
  3. 速必殺の力→SSターンブーストとあわせて、SSをより早いターンで使えるようにする

アルセーヌの「レベルの書」&「戦型の書」おすすめ度

:おすすめ
△:ストックに余裕があれば使ってもOK
×:使わないほうが良い

レベルの書 戦型の書

(友情コンボとステータスの底上げが可能)

(壁にふれると加速するなどの恩恵を得られる)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!