青い『MacBook Air』は薄型ベゼル&ホワイトキーボド搭載で25%薄型化、MagSafeが復活するという設定でつくられたレンダリング画像は一見の価値あり!

テック&ガジェット記事、好評連載中!
テクノロジーとガジェット記事のバナー画像




「M1Xプロセッサーを搭載した『MacBook Air』はボディが新型『iMac』のようにカラフルになり、白く細いベゼルになる」という設定でつくられたレンダリング画像が公開されています。

*Source: Ian Zelbo

2021『MacBook Air』のイメージ・レンダリング
レンダリング

薄い水色のボディが“エアー”という名前にふさわしい軽やかな印象を与えます。


このフォルムには間違いなく『MacBook Air』のデザイン・ランゲージが継承されており、スティーブ・ジョブズが封筒から取り出した、あの伝説のプレゼンテーションを脳裏に蘇らせます。


ホワイトのキーボード、果たしてこれはバタフライ式なのか?


ヘッドホンジャックは健在のよう。


よく見ると、電源ポート『MagSafe』を採用していることがわかります。


もちろん、これらは全てAppel公式のデザインではなく、アーティスによる“空想の作品”。 Zelbo氏は3DCGソフトウェの『ブレンダー』を得意とするアーティストであることから、これらの画像もそのソフトを使用して制作されたものだと思われます。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!