エッ、仮想通貨にも対応!?日本プロゲーマー企画開発『projectF』の革命的システムとは

テック&ガジェット記事、好評連載中!
テクノロジーとガジェット記事のバナー画像



プロゲーマーやストリーマーが企画開発に監修として参加しているFPSゲーム『projectF』がYouTube、クラウドファンディング上で公開されています。

*Source: Project F「父ノ背中」公式サイト

プロゲーマーが企画開発する新世代FPS『projectF』とは?これまでにない斬新なシステムが凄すぎる!

『projectF』の中心となっているのが、日本プロゲーミングチーム『父ノ背中』所属のプロゲーマー「けんき」さん。eスポーツゲームとして有名な「PUBG」や「R6S」のトップ戦線プレイヤーとして活躍し、チームでは副リーダーをも努めるカリスマ的存在です。

けんきさんの説明によると、『projectF』は攻撃側と防御側の2チームに分かれ、攻防を繰り広げるタクティカルシューティングゲーム。建物内に設置されている「モノリス」を巡って攻撃側チーム、防御側チームが攻防を繰り広げます。

このゲームの革新的な特徴が「自動生成」されるマップ。技術的に難しいためFPSには中々搭載されないシステムですが、『projectF』には数十万にものぼる自動生成マップが搭載されるとのこと!さらに自動生成されるマップのシチュエーションも、民家、工場、研究所、領事館、山岳地帯など様々なタイプが開発されているそうです。

毎回マップが変わることの大きなメリットは、研究が進みにくく、初心者と経験者の差がつきにくいこと。ゲームを辞めてしまう最大の理由である「飽き」の防止にもつながる、非常に興味深い機能です。

さらにマップに設置されている家具などのオブジェクトは動かすことができ、遮蔽物として利用することもできます。爆弾で壁の起爆をすることなども可能で、バリエーションの多いゲーム展開とリアルで新鮮な攻防が楽しめるそうです。

もう一つの大きな特徴が「仮想通貨/NFT」を使ったマーケットで、これによりゲーム内のアイテムを取引できるようになる予定とのこと。他に詳細な説明はありませんでしたが、これにはかなり大きな可能性がありそうです。もしかしたら「アイテムやスキンが自分の資産になる」かも?超期待です!

動画では、詳細なゲームの特徴やビジュアルなどが紹介されています。

この『projectF』は2021年6月にクローズドβテストを実施、9月にはオープンβが実施される予定とのこと!現在『Project F』はクラウドファンディングサービス「Campfire」で支援を募っています。ゲーム内容や支援についての詳細は以下よりご覧いただけます。

プロゲーマーが企画開発する”新世代FPS『projectF』by 父ノ背中けんき


(↑)上の画像をタップorクリックすると公式サイトに移動します。



お す す め 記 事

  • 33歳男性「口座に1億3400万円あるよ」

    2カ月で資産68倍、普通の人から爆速で億り人になった彼が投資した仮想通貨とは?


    » » » 記事をよむ

  • 20代で資産1200億円超!

    彼がすべてを賭け、巨万の富を得た仮想通貨とは?


    » » » 記事をよむ

  • ビットコインをアプリで簡単に買う方法

    スマホで完結、最短5分でできる! iPhone・Androidスマホ両対応


    » » » 記事をよむ


  • お す す め 動 画



    参考になったらシェアお願いします!
    Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
    ▼新着記事やオススメ記事を投稿中!