M1『iMac』&『Magic Keyboard』分解レポ:指紋センサーはアレと同じ。内部構造をiFixitが公開

テック&ガジェットのニュース、毎日配信中!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



24インチM1『iMac』と付属の『Magic Keyboard』の分解レポートが『iFixit』で公開されています。

*記事カテゴリー:technology テクノロジー。Source:iFixit

M1『iMac』の内部はよりシンプルに。『Magic Keyboard』の分解も


『iFixit』はまずX線でM1『iMac』を透過した画像を公開。27インチの『intel iMac』と比較すると、大きく異なることが明らかになりました。

それがこちら。左がM1『iMac』、右がintel製CPU搭載27インチ『iMac』です。M1『iMac』の内部はかなりシンプルで、内部構造が明らかに異なっていることが分かりますね。


M1『iMac』の内部はほとんどの部分が、2枚の巨大な金属板で占められており、これはおそらく放熱用のものだろうとされています。ロジックボード(基盤)のほとんどは、下部の僅かなスペースに収まっているようです。


これがそのロジックボード部分。パワフルな性能なのに、このサイズまで小さくしたのがM1のスゴさ。プロセッサにはAppleのロゴが確認できますね。


そしてこちらがUSBポート部分。なんと、ここにもしっかり色付けされています!Appleはこういう細かなこだわりが素晴らしい。


お次は付属の『Magic KeyBoard』の分解。特徴的の一つである『TouchID』の指紋センサーは、なんとiPhoneに使われているものと同じだそうです。


見た目は普通のキートップのように見えますが、下部構造は『iPhone 7のTouchID』センサーと非常によく似ている、とのこと。


なお、総評として、M1『iMac』は興味深いが修理が難しくなった、と『iFixit』は締めくくっています。交換できるパーツの少なさや分解のしずらさから、修理のしやすさは10段階評価の中で2、とのこと。なにはともあれ、壊さないように気をつけるようにしましょう。


あわせて読みたい 👀


*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!