巨大『AirPods Pro』を3Dプリンターで自作 →音はでないけど、別の機能があったwww

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



音はでないけど、風ならでるよ!

ヘアドライヤーそっくり、とネットで散々いじられた『AirPods Pro』の形状をもとに、本当に3Dプリンターでドライヤーを自作してしまう人物が現れています。

Source:electrosync
*カテゴリー:テクノロジー technology

3Dプリンターで巨大『AirPods Pro』なドライヤーを作成!『アクティブノイズ』搭載


作成したのはこの方、アリスター氏。彼は、『AirPods Pro』の形状の外装を3Dプリントし、ダクトファンを内蔵した、実際に動作するドライヤーを作成するといいます。


早速3Dプリンターで印刷を開始。これはヘッド部分のようです。こんな感じでどんどん印刷を進めます。


そして、全てのパーツが完成。ちなみに形状は、巨大な『AirPods Pro』のBluetoothスピーカーを元にしているそう。何度か話題になっていましたよね。


こちらがモーターとファンのパーツです。


組み立てて動作をプログラムし、つまみを回すと……ちゃんと機能しました!


つまみにはAppleロゴの形状をしたモノを取り付けます。オシャレですね。


これで完成!ちょっとデカいけど、もう見た目は完全に『AirPods Pro』。


いいえ、『HairPods Pro』でした。


Apple公式ふうの映像が始まります。




『アクティブノイズ』は笑う。


実際に試してみるアリスター氏。ちゃんと風がでていますね!ちなみに何か飛び出してきたら危険なので、安全ゴーグルを付けています。


しかし、ちょっと不満があるよう。当たり前ですが、もともとの形状がドライヤー用に出来ていないため、改良の余地があるそうです。というわけで早速改良版を作り始めるアリスター氏。


そしてすぐに3Dプリント。仕事が早い!


組み立てます。裏側に通気孔を付け、風通しを良くしたようです。


風力も大幅にアップし、アリスター氏も満足げ。でも危険なので、安全ゴーグルはしっかり付けています。


ネットミームを本当に形にしてしまう、というのは3Dプリンターによるモノづくりの手軽さあってこそ。とはいえ、これだけしっかり形にしてしまうのは本当にスゴいです。意外とこういう発想から、イノベーションが生まれるのかも知れませんね!


あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!