『iPhone 13 Pro』はカメラが超絶進化!ナイトモード強化、超広角レンズにAF搭載などと著名アナリスト予測

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



著名アナリストのミンチー・クオ氏の『iPhone 13』のカメラ機能に関するレポートを、Appleに詳しい海外メディア9to5Macが共有しています。

Source:9to5Mac,MacRumors,rendersbyian.com,Unbox Therapy
*カテゴリー:テクノロジー technology

『iPhone 13』シリーズはカメラ大幅進化、ポイントは超広角レンズ


クオ氏は、『iPhone 13 Pro』では超広角レンズに「オートフォーカス(AF)機能」が搭載されることを強調しています。

オートフォーカスとは、被写体にピントを自動で合わせる機能です。『iPhone 12』シリーズの超広角レンズはオートフォーカス非搭載でしたが、これによって、メインの広角レンズや望遠レンズと同じように、焦点を合わせたい場所を選択することができます。


クオ氏はさらに、『iPhone 13 Pro』の超広角レンズは5枚ではなく6枚になることで、撮影機能が大幅に改善されると予測しています。これらのアップグレードはProモデルのみに行われるとのことですが、2022年に登場する『iPhone 14』シリーズでは全モデルにこの超広角レンズが採用されると予測しています。

また、クオ氏は以前『iPhone 13』シリーズは低照度下での撮影など、カメラ機能は複数の改良が施されると述べています。これまでの外観面のリークでは、カメラ配置やユニットサイズなどが変更されるという説が有力で、少なくともカメラが大きく改良されるという予測は理にかなっているように思えます。


Unbox Therapyが共有した『iPhone 13 Pro Max』のダミーモデル(右)


カメラ配置が斜めになった『iPhone 13』のレンダリング(Renders by ian)

これまでのリークでは、『iPhone 13』シリーズは新プロセッサ『A15 Bionic』搭載、ディスプレイ関連ではノッチ縮小、Proモデルは120Hzの『Pro Motion』をサポートする、などとされています。著名リーカーのジョン・プロッサー氏によれば、『iPhone 13』シリーズの発表は、9月の第2週または第3週の火曜日に開催される見込みです。

あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!