東海オンエア、臭い匂いを吸引することで無臭化できるか? 実験結果について解説します!

東海オンエアによるおバカ実験企画がやってまいりました。今回は悪臭を人が吸引することで無臭化できるかという内容です。SNSの反応と合わせて解説します!

過去の臭いに関する実験は?

東海オンエアでは過去、さまざまな匂いに関する実験を行ってきました。よくあるのが消臭グッズと悪臭を対決させる、といったものですね。

今回の企画はその派生形といったところでしょうか。まずは過去の企画のなかで秀逸だった動画を1本紹介します。いかに臭いに対する実験の過酷さがわかる動画です。ぜひご覧ください。

ガスマスクVS〇〇!

この動画ではガスマスクをかぶればどんな臭い匂いにも耐えられるという検証動画となっています。ガスマスクを装備したメンバーが目隠しした状態であらゆる臭いをかぎ分けるといった内容です。

トイレの消臭剤から始まり、タバコの煙、お好み焼き、熱した酢、香水と徐々に匂いレベルがあがってきます。そして最後にはとうとう放送禁止レベルのものが登場!

しかしガスマスクの機能は圧倒的のようであり、これらのものに動じることなく、ほぼ臭さをかぎ分けることができないようでした。ガスマスクの凄さと共に臭いものを用意するメンバーの執念を感じる内容でしたね。

臭い匂いを吸引して無臭化できるのか?

ここからは今回の動画についての紹介です。密閉された部屋内にて臭い匂いを発する食べ物を使って匂いを充満させます。その後これを別メンバーが吸引し、匂いを消しつつ、匂いの元について考察する、といった内容です。

虫眼鏡いわく、人は匂いを吸引することで消耗するため、匂いとなる分子を全て吸引すれば臭さは無くなるのではないかといった仮説を検証するのが目的となります。果たしてこの仮説は正しかったのでしょうか。

臭さを充満させろ!

臭い匂いを発生させる担当はこの2人!てつや&しばゆーです。この2人の組み合わせの時点でヤバいかおりが漂ってきますね。匂いを発生させるため2人が用意したのは納豆、キムチ、スルメといった定番の食品です。

これらを食べ、口臭をばらまくまたは食品を部屋中に配置し、放置するといった流れ。そこからさらにエスカレートし、ブルーチーズや過去の動画でも出た温めた酢といった刺激の強いものに発展します。

そして最後にはこれらを食べた後に出たおなら、さらには禁じ手の○○(自主規制)までとびだす始末!爆笑と悪臭が立ち込める中、本人たち自身も悪臭に苦戦しつつ、準備を整えるのでした。

いざ吸引!

次に消臭チームとして虫眼鏡、ゆめまる、としみつの3人が挑みます。15分間、部屋内の空気をひたすら吸い続け、匂いを無臭化させようと試みるのです。

しかし開始当初より3人の反応は予想に反し、たんぱくなものとなりました。すでに匂いがない、臭くないといった感想を持つ3人。匂いがそもそも何かもこれではわかりません。これはすでに消臭が成功したのでしょうか。

懸念すべきは消臭されているのではなく、メンバーが匂いに慣れてしまっている可能性です。それを恐れつつも制限時間いっぱい消臭を続けます。最後に部屋のなかの空気を循環させ、均等に匂いがなくなったことを確認、終了となりました。

消臭できたのか?

審査担当のりょうが部屋に入るやいない嗚咽!部屋の外で待機していた段階ですでに匂いが漏れているとのこと。実は匂いは消えていませんでした。悪臭は今も充満しています。

それに反論する消臭チームですが、りょうが無慈悲な一言を告げるのでした。「壊れちゃってますよ、皆さん!」。そうなのです、消臭チームは嗅覚が麻痺し、臭さを感じとることができない状態だったのです。恐れていた通りの事態だったのでした。

念のため一度部屋を出て、改めて部屋に入ったところでようやく、匂いに気づきます。結果、悪臭を吸引することでそれを無力化することはできない、という実証結果となりました。

SNSの反応は?

それではファンの反応を見てみましょう。東海オンエアらしい企画であり好評のようですね。企画といいつつもやっていることは罰ゲームと同様、身体をはることです。トップYouTuberとなった今でもこれまで通り身体をはりづづける彼らの姿をファンは心から楽しみにしているようですね。

久々の検証動画に、皆さん期待していたようです。


臭さの追求はどこまでも続く!

今回の検証は仮説通りとはいかなかったようですね。あらゆる悪臭を経験してきた東海オンエアだからこそ、臭い匂いに耐性ができ、それに慣れてしまっていた、というのが盲点でしたね。

まずは自分の鼻を疑うことからはじめなければなりません。そのため今後も同様の匂いに関する検証を行う際にはフラットな状態で匂いを嗅ぐとともに、より刺激的な匂いでなければはっきりとわかりませんね。東海オンエアには引き続きさまざまな匂いを追求してもらいたいものです。

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=4yCLHXYb1vY&list=WL&index=4&t=343s

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!