コムドットの謝罪動画に驚異の15万高評価! 7月1日から動画投稿再開を公表!

YouTuber総勢31人による飲み会が「文春オンライン」にて報じられ数日。報道以降、動画投稿をストップしていた大人気YouTuberグループ「コムドット」がついに謝罪動画を公開しました。更に自粛していた動画投稿を7月1日より再開することを公表。

本記事では、メンバー1人ひとりの口から語られた謝罪の内容。そして視聴者の反応をまとめています。ぜひ最後までご覧ください。


今回の騒動について

YouTube界を代表する有名YouTuber達が一斉に炎上するという異例の事態となった今回の騒動。既にご存じの方も多いかと思いますが、簡単に内容を説明します。

事の発端は6月18日に東京都内で開かれた人気YouTuberあやなんさんの誕生日を祝うパーティーでした。緊急事態宣言下にも関わらず、多くのYouTuberが誕生日を祝うために集結。総勢31人に昇る大人数で飲酒を伴う会食・カラオケを行ったことが6月24日に「文春オンライン」にて報じられました。

酒類の提供や営業時間が制限される中、どんちゃん騒ぎが深夜まで続いたとのこと。会に参加していた「水溜りボンド」のトミーが経営する飲食店で開催されたことも明るみになり、参加者全員が世間からバッシングを受けることとなりました。


200万人突破してすぐのスキャンダル

今回の報道を受け、特に注目を浴びたのが6月10日にチャンネル登録者200万人を突破したばかりの5人組YouTuber「コムドット」でした。今年2月にチャンネル登録者100万人を突破し、わずか4か月ほどでさらに100万人登録者を増やしたコムドット。今最も勢いのあるYouTuberグループであったことは間違いありません。

パーティーにはリーダーのやまとさん、ひゅうがさん、ぼんさん(マネージャー)が参加。熱狂的なファンも多く、乗りに乗っていたグループだっただけにSNSには「がっかりした」「非常識」「他のメンバーはなんで止めなかったの?」などの厳しいコメントが目立っていました。

2年9か月続いた毎日投稿をストップ

コムドットは24日に報道が出たのち、どのYouTuberよりも早く公式Twitterに謝罪文を掲載。結成から続けてきた毎日投稿を一時自粛することを発表しています。その後個人のTwitterにもそれぞれ謝罪文を掲載し、動画投稿をストップしていました。

毎日投稿については200万人達成の折に、「300万人(チャンネル登録者)行ったらちょっと休もう。」と公言していたコムドット。予期せぬ形での毎日投稿の終了に、悲しんだファンも多かったでしょう。

さらにコムドットは他のYouTuberが次々に謝罪動画を上げる中、Twitterの謝罪文から沈黙したままでした。本人達の口からコメントがないだけでなく、動画投稿再開についても説明のない状況で、ファンの不安はさらに大きくなっていました。


報道から4日後の謝罪動画公開

コムドットのYouTubeチャンネルに動きがあったのは報道から4日後の6月28日。5人そろっての謝罪動画が公開されたのです。普段の華やかな装いとは一転、無地のTシャツ姿に神妙な面持ちでカメラの前に登場した5人。

冒頭リーダーやまとさんがしっかりとした口調で今回の行動について謝罪し、全員で深々と頭を下げました。続けて視聴者から集まった問いに対して回答。

・なぜこの会に参加してしまったのか?
「日頃からお世話になっている先輩の誕生日を祝いたいと思い、軽率に参加してしまった。」

・参加していないメンバーはなぜ止めなかったのか?
「チームとして止めなければならないという考えがなかった。」

・謝罪動画が遅くなった理由?
「想像以上に大事になり、事態を把握するのに時間がかかってしまった。」

と、それぞれコメント。会に参加していたマネージャー・ぼんさんも途中参加し「あるまじき行為だった」と謝罪しました。

登録者300万人への意欲

動画中盤にはメンバー1人ずつコメントをするシーンも。会に参加していなかったメンバーも「止めるという責任を果たせなかった。」「信頼を裏切ってしまい申し訳ない。」と謝罪。

特に印象的だったのが、普段の動画では破天荒なボケを担当するゆうまさんの、非常にしっかりとした口調での謝罪です。

さらに「こんな話をするのは図々しいと思いますが、僕は本気で300万人行きたい。」「どうかまた応援していただけたらありがたいです。」とコメントし、普段の様子からは想像できないYouTubeに対しての熱い思いを表しました。

リーダーやまと、涙ながらに謝罪

そして最後にリーダーのやまとさんからはファンに対しての感謝の言葉が。それまではしっかりとした表情で映っていたやまとさんでしたが、ファンの話になると声をつまらせ「本気でぶつかってくれるファンがいてありがたい」と涙ながらに語っていました。

動画には涙ながらに語るリーダーの横で、普段クールなゆうたさんも静かに泣いている様子がおさめられています。ファンにとっても胸が苦しい場面だったでしょう。

謝罪動画には驚きの再生数と高評価が

6月30日現在、謝罪動画は400万回再生を記録。動画に対しての高評価数は15万件にも昇っています。そして彼らの真摯な謝罪を受け、ファンからは厳しくも暖かいコメントが。以下でその一部を紹介します。

ファンだからこそ信頼を裏切られたことへの失望は大きいものです。今後の彼らの行動に期待ですね。

YouTuberとしてYouTube上での謝罪をするべきと思っていた人は多いようです。謝罪動画が遅れた件についてもこの動画で納得できる部分もありましたよね。

再出発を応援しています!

もともと強気な発言で話題になることも多かったグループだけに、アンチからの攻撃も多いコムドット。今回の動画についても、賛否が分かれています。しかし、あくまで筆者の個人的な感想ですが、今回の謝罪動画は彼らの心からの言葉のように感じました。

まだ23歳と若い彼ら。失敗から学んでファンの信頼を裏切らない、立派なYouTuberになってくれることを願っています!7月1日からの再出発をみんなで応援しましょう!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=ZBlMWNvNlgA

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!