「iPhone 13は存在しない」と著名リーカーが予言→正式名称が気になって夜も眠れない

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



2021年に登場する新型『iPhone 13(仮)』シリーズの正式名称について、様々な議論や予測が生まれています。

Source:9to5Mac,FRONT PAGE TECH,(2),Apple insider
*カテゴリー:テクノロジー technology

『iPhone 13』、それとも『iPhone 12S』?はたまた……


サプライチェーン経由の報告によれば、『iPhone 13』の正式名称はこれまでの予想と変わらず『iPhone 13』になるといいます。

しかしここ数ヶ月では「13」という数が西洋において忌避されるため、正式名称が『iPhone 13』になることはないという説が有力でした。つい最近では、74%のユーザーが「“iPhone 13”以外の名称を望んでいる」という調査結果も明らかになっています。


これについて、著名リーカーのジョン・プロッサー氏は『iPhone 13』という名称を改めて否定。「サプライチェーン経由で名称が明らかになることはめったにない」といいます。なおプロッサー氏は以前にも「申し訳ないが、iPhone 13は存在しない」というタイトルの記事を公開しています。

プロッサー氏は発表の直前に名称を予測し、的中させた『AirPods Max』を例にあげ、正式名称はギリギリまで判明しないことが多いと主張します。『AirPods Max』はそれまで、『AirPods Studio』という名称になるとの予測が有力でした。

なお、ジョン・プロッサー氏が予測している名称は『iPhone 12S』です。これは『iPhone XS』にならった命名で、マイナーアップデートになると予想されている2021年の新型iPhoneに相応しいものです。

現在のところ上がっているiPhoneの名称の予測は以下の通り。

  • iPhone 13(不吉な数字)
  • iPhone 12S(XSと同じ命名法則)
  • iPhone 14(13をスキップ)
  • 数字を削除(MacやiPadと同じ、〇〇世代という呼び方)


ちなみに、過去に飛ばされたiPhoneシリーズの数字として有名なのは「9」です。今回も数字が飛ばされる、もしくは「12S」という名称になるのか、それとも数字でのシリーズ名称を辞めるのか。Appleからの正式発表まで、気になって眠れない夜が続きそうです。

あわせて読みたい 👀


*本サイトに記載されたURLを経由して売り上げ等が発生した際は一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!