有名企業にお金を貸して利息を稼げるフィンテックサービス『Funds(ファンズ)』に注目! 1円から投資可能

マネー&投資ニュース、好評連載中!
» » » 注目記事のリストはこちら
👀



意外と知られていない(?)けれど、堅実派の投資家に注目いただきたいフィンテック・サービスが『Funds(ファンズ)』です。この『Funds』は「一般投資家が企業へ間接的に貸付を行ない、利息が得られる」という仕組み。株とも社債ともちがう、新しい投資法となっているので、その詳細をチェックしていきましょう。

Funds、ファンズの申し込みページのスクリーンショット

  • 運営:ファンズ株式会社(旧社名 株式会社クラウドポート)
  • 設立:2016年
  • 場所:東京都港区
  • 公式サイト:funds.jp/

※本記事に記載の情報はすべて記事作成時点のものです。最新の情報は各自ご確認ください。

Funds(ファンズ)の仕組みと特徴

投資家は『Funds』が募集しているファンドに投資することで間接的に企業に貸付を行い、その利払いを分配として受け取れる仕組みです。


投資先は上場企業、もしくは監査法人の監査を経た企業で、なおかつ『Funds』の審査部によるデューデリジェンスが行われた企業に限定されています。つまり、投資先はすべて「専門家によるダブルチェック済みの会社」ということ。これは安心感がありますね。

Funds(ファンズ)の投資先は監査法人による監査を受けている

◆ Fundsで投資できる企業

そこで気になるのは「実際の利回りは?」「どんな会社に投資できるの?」といったことでしょう。では、さっそく実例を見てみましょう。

記事作成時点では運用が終了していますが『LEDNYオンラインレンディングファンド #1』は予定利回り(年率・税引前)が6%。こちらは約4ヶ月の運用を無事に終えています。

Funds(ファンズ)には高利回り商品あり

インターネット業界で長く仕事をしている筆者が興味深かったのは、アドテクで有名な『フリークアウト』が投資先にあったこと。この業界では有名な企業なので、そこに投資ができるというのは魅力的だと思いました。

Funds(ファンズ)、フリークアウト

餃子の『大阪王将』といった、なじみのある企業もありました。

Funds(ファンズ)、王将

投資対象は時期によって変わるので、最新の情報はこちらページの「ファンドを探す」からチェックしてみてください。

◆「優待制度」が見逃せない

『Funds』が興味深いのは優待制度があること。先の大阪王将の例では「10%オフの投資家特別割引券」がもらえました。

Funds(ファンズ)は優待が受けられる

近年は個人向け社債も優待を設けているところがありますが、『Funds』も抜かりはありません。投資家の目線で言えば、こういった競争が広がっているのは大歓迎。フィンテックの興隆で健全な競争が加速するのは嬉しいことですね。

◆ Fundsの手数料は?

手数料はかかりません。口座開設や投資、デポジット口座からの出金などは、すべて無料です。ただし、ユーザーが利用する金融機関からデポジット口座に送金する際の振込手数料は自分で負担する必要があります。

Funds(ファンズ)の手数料は無料

◆ 最低投資金額はいくら?

1円から出資可能です。ただし、出資金が少額の場合は分配が発生しない場合があるため、1,000円未満で投資を行おうとした場合「分配金額が発生しない可能性がある」という注意喚起が行われます。基本的には「1件1,000円以上から投資する」を目安と考えればOKです。

◆ Fundsの実績とリスク

記事作成時点における『Funds』の実績は以下の通り。

Funds(ファンズ)の過去の実績

94件のファンドを公開し30件が終了した時点で貸し倒れゼロ、遅延ゼロという優秀な結果です。もちろん、これが将来の運用成果を保証するものでないことは言うまでもありませんが、『Funds』が信頼に足る結果を積み重ねてきていることは事実です。

『Funds』申し込みは最短5分、スマホからでもサクッとできるので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

Funds(ファンズ)の詳細&申し込みはこちらFunds(ファンズ)は利息でコツコツ稼ぐ社債に変わる新しい投資



*Source:Funds *記事カテゴリー:technology テクノロジー。本サイトに記載されたURLからの売り上げ等は一部が製作者に還元される場合があります。この記事はテクノロジーの動向を紹介するものであり、金融商品の勧誘や投資の助言ではありません。取引条件の詳細等はご利用者様自身の責任において各事業者にご確認ください。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!