メンタリストDaiGo、フェイクニュースで攻撃された週刊誌を訴え勝利! 裁判内容を徹底解説!

メンタリストDaiGoがアサ芸プラスと裁判をして完全勝利したと話題になりました。今まで数々の動画で真偽のほどが疑わしいフェイクニュースに関しては、名誉毀損で週刊記者を訴えるということを動画で発言していましたが、「実際は訴えていないのでは?」という疑問が飛び交っていました。

しかし、本当に訴えていることが分かりました。今回は裁判の内容と結果、今後の動向をまとめましたので最後までご覧ください!

メンタリストDaiGo、フェイクニュースに激怒!

メンタリストDaiGoさんがどのような内容で名誉毀損で訴えたか説明します。問題が起きたのは、約2年前です。「メンタリストDaiGo、年収6億円のはずが金欠説が飛び交う理由とは?」というタイトルがアサ芸プラスのネットニュースに流れました! これについてDaiGoさんは以下の内容が嘘であると述べています。

・年収6億円というのを本人は明言していない
・金欠説を証言したというのがテレビ関係者でDaiGoさんはしばらくテレビに出演していないのでかなり怪しい情報である可能性が高い

つまりタイトル全部が嘘であるということですね! DaiGoさんのことを少しでも知っている人は信じないと思いますが、ネットリテラシーが無い人が多くこういう所から誹謗中傷に繋がる可能性は否めない現代です。

裁判の結果は完全勝利!

裁判の結果は週刊誌側が200万円の和解金を払支払って和解が成立しました! 7月6日付でアサ芸プラスの徳間書店のリリースにて文書を公開しています。裁判所が名誉毀損が成り立つと認めたといことは大きいですね。メンタリストとはいえフェイクニュースを書かれて心が消耗していたと思うのでとりあえず落ち着いて良かったです。

なぜ和解にしたのか?

DaiGoさんは「和解はしないで相手が弁護士の延長料金を支払い続けて預金通帳を0にするところまで追い詰める」と明言しています。

何故今回は和解にしたかというと相手が和解を提示してきたので、とりあえず勝利したことをファンにはやく伝えたかった。今回のケースのように週刊誌に傷つく著名人に証明するためだったそうです。

裁判所が最近の痛ましい誹謗中傷を問題視した!

今まではネットニュースなどの事実が疑わしいものは裁判にもならず、相手にされないケースがほとんどだったそうです。確かに人の生死が関わったくらいにならないと裁判になっていなかった気がしますね。

ですが誹謗中傷による事件も多く、最近の著名人の誹謗中傷を取り上げるニュースもあり裁判所も考えが変わってきているようです! 今回のような小さなケースでも裁判になったことは大きな意味を持ちますね!

どんどん訴えていくというDaiGo氏

今回は和解をしましたが、まだ現在進行形で複数の裁判をしているようです。そちらを時間をかけて判例にしていくと怖いことを発言していました!

芸能人が今まで裁判にしてこなかったのは「もめているタレント」というレッテルを貼られ、CM等に出演できなくなり仕事がなくなるからだそうです。今回のことでちゃんと声を上げれば訴えることが出来ると周りに証明できたので、今までの週刊誌をリストにして片っ端から訴えていくと明言。

心理学でいうカバートアグレッション

週刊誌で多くみられるカバートアグレッションという方法で他者を陥れているそうです。全然違う内容の大嘘をつくのではなく、細部をぼやかして証拠になる重要なことはいわず、赤の他人が聞いた時に誤解をさせることをカバートアグレッションというそう。

これを研究した人が確実に人間関係を消耗させるのでちゃんと対処することが大事と教授してくれました。心理学の世界でも危ないといわれてるんですね!

メンタリストDaiGoさんはカバートアグレッションの対処方法も知っているのでこうして上手に対処出来たんでしょうか。対象法を知りたいですが、Dラボ会員にならなければ見られません。

ユーザーの反応は?

「こうして動かないと悪意はなくならない応援しています」「大きな一歩ですね」「他の有名人のためにもなる」と誹謗中傷に関する事件が続いていた中、応援する声が多かったです。ファーストペンギンになってくれたDaiGoさんの姿に好評価!こうした応援が多くあるのも時代が動いているのを感じますね。

本当にそうですね。もう悲しいニュースを聞かないようにしたいです。

集団に勝てるんですね。凄いです。

著名人がフェイクニュースに苦しまなくなる希望の一歩に

今回裁判で勝利した内容は、DaiGoさんの週刊誌の中でも一番小さいネタだそうです。小さくても裁判になることが証明されたので、これを機にわざと誤解を生むような記事が少なくなることを願うばかりですね。

まだ訴えていくつもりのDaiGoさんなので再びニュースになるでしょうか? 今後の動画にどきどきしますね!最後までご覧下さりありがとうございました。

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=WbpoyWb1Nm4

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!