テスラ超え! UFOみたいな奇抜なデザインの車が爆誕 → イーロン・マスクも驚いたにちがいない

まるでUFO!?

» テック&ガジェットの最新記事を読む 👀


海外YouTubeチャンネルで紹介された、まるでUFOのような電気自動車が海外で話題となっています。

Source:Supercar Blondie
*カテゴリー:テクノロジー technology

“UFO”みたいな謎の車の正体は!?

Supercar Blondieチャンネルにゲストとして呼ばれ、何が起こるのか楽しみに待っているジェフリーさん。

 

そこに、音もせずに謎の黒い物体が走ってきます。なんだこれ!?

 

ドア、ではなくキャノピーが開き、中から出てきたのはSupercar Blondieのチャンネル主、アレックスさん。


 

アレックスさんによれば、これはUnited Nudeというブランドの、電気自動車を推進するために作られた『LO RES CAR』という車です。

この『LO RES CAR』という名前は“low resolution(低解像度)”からきています。

出典:unitednude.com/

この車は『ランボルギーニ・カウンタック』の3Dモデルを超・超・超低解像度化したデザインとなっているのです。「低解像度」なデザインといえばテスラの『サイバートラック』ですが、『LO RES CAR』はそれ以上!

車は前と後ろの2人乗り。ハンドルもちょっと変わっています。

 

なんだかゴーカートのハンドルみたい。

 

車の操作はこのトグルスイッチ。ドアの開け締めやドライブ/バックなどをここで操作するようです。

 

電池残量の表示や鍵の感じなども、未来チックな外観に反して意外とレトロな感じがします。

 

ウィンドウはサングラスのようになっており、外側から見ると真っ黒でしたが、内側からはちゃんと景色が見えます。

 

メーター表示の感じもなんかレトロ!ちなみに最高速度は時速31マイル(約時速50km)とのこと。電気自動車なので音はほとんどしません。

 

ちなみにこの『LO RES CAR』は現在オークションにかけられているそう。気になる方は調べてみてもいいかも?

 


 

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!