なぜAppleのロゴは「かじられている」のか? ジョブズと働いた担当者が明かす

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



Appleの象徴とも言えるAppleロゴはなぜ「かじられている」のでしょうか?これついて、Appleの様々な事柄を解説するYouTubeチャンネル、Apple Explainedが解説しています。

Source:Apple Explained
*カテゴリー:テクノロジー technology

Appleの象徴的な「リンゴマーク」ロゴ誕生秘話


Appleの象徴的な「リンゴマーク」は、Appleの作るほとんどの製品に含まれています。しかし、たびたび疑問に思われるのが「なぜリンゴがかじられているのか」ということです。


実は、最初期のAppleのロゴは今の「リンゴマーク」ではなく、リンゴの樹の下にアイザック・ニュートンが座っている、手書きのイラストでした。


これは確かにクールでしたが、ちょっと複雑過ぎました。そこで1977年、Appleの創設者スティーブ・ジョブズは、マシンにプリントするためのシンプルなロゴをマーケティング会社に依頼します。この時に担当になったのがロブ・ジャノフ氏です。

ジョブズが出したリクエストは1つだけでした。「かわいくしないで」と。これを念頭において、ジャノフ氏はロゴのデザインを作成します。彼は当時のライバル企業であるHPやIBMのようなタイポグラフィではなく、リンゴに焦点を当てました。


しかし最初の案では、これがすぐリンゴだとは認識されませんでした。「葉っぱが離れた丸い果実」は複数あり、他の社員からは、さくらんぼにも見える、と指摘されます。


これらの問題を解決するために付けられたのが、“かじられた跡”です。これにより、シンプルな形状を変えずに人々は「リンゴだ」と認識できるようになりました。


さらにジャノフ氏は6つのカラフルなストライプを追加します。これは、当時他のマシンにはできなかった、アップルコンピュータの「カラー画像の表示」の機能を象徴するためです。


Appleのロゴの一部分を切り取ったのは、技術メモリの大きさを表す単位としての「byte」と“噛む”を意味する「bite」をかけた言葉遊びだったという噂もあります。しかしジャノフ氏はこれを否定し「単なる幸せな偶然だ」としています。


ジャノフ氏がこのロゴを発表すると、ジョブズは「OK、良いね」といいました。こうして、この「かじられたリンゴ」がAppleの公式ロゴとなったのです。

あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!