テスラの『サイバートラック』を1/2サイズでリアル再現→イーロン・マスクも欲しがりそうな完成度

» テック&ガジェットの最新記事を読む 👀


元エンジニアのYouTuberが作成した、1/2スケールの『サイバートラック』が海外で話題になっています。

Source:Hacksmith Industries
*カテゴリー:テクノロジー technology

1/2スケールの『サイバートラック』

まずは実際の『サイバートラック』から、ハーフサイズの3Dモデルを作製していきます。


これを展開して、1枚のステンレス板に収まるよう設計します。


ステンレス板をレーザーカッターで切り取ります。それにしても、元エンジニアの海外YouTuberなだけあって設備がものすごいですね。


これを組み上げ、『サイバートラック』のボディが完成。とはいえ、これはまだボディをタイヤの上に載せただけ。


モーターはACCELERATED SYSTEMS INCという電気モーターのメーカーから提供されたものを使っているようです。


これとタイヤやステアリングシャフトなどと組み合わせていきます。一見は複雑に見えますが、車の構造としてはかなりシンプルな印象です。


そして『サイバートラック』と同じ特徴的なハンドルを取り付け、これで車体のほとんどが完成。


動作テストをすませ、特徴的なLEDライトや窓ガラスを取り付けます。


そして完成。1/2スケールの『サイバートラック』です。


本物の発表会と同じように大きなハンマーで車体を思いっきり叩きますが……


『サイバートラック』はビクともせず、凹みもありません。

次に窓ガラスのテスト……って鉄球小さくね!?


もちろん『サイバートラック』のガラスは無傷でした。

次にけん引パワーのテスト。ここで1/2スケールの『サイバートラック』は驚くべき実力を発揮します。まずは軽自動車に圧倒的勝利!


次のお相手は『ポラーズ RZR』というオフロードビークルです。相手は4輪駆動ですが、こちらにも軽く勝利します。


最後の相手は『フォードF150』。重さに差がありすぎるので、サイバートラックに重りを載せて摩擦を対等にしていますが、いやいや、さすがに無理でしょw


しかしなんと……こちらにも勝利。いやはや、1/2スケールのくせに恐ろしいパワーです。

走行テストも行っていました。こうしてみると、やっぱり格好いいですね!


とはいえ、1/2スケールだからちょっと可愛い。


それと、乗り降りが上部分からしか不可能なのは明らかな弱点ですね(笑)


ちなみにこの『サイバートラック』の製造には、材料費だけでおおよそ1万ドル(約110万円)かかったそう。人件費も入れると、本物の『サイバートラック』よりもよっぽど高かったそうです。

動画の最後では、「イーロン、もしあなたがこれを見ているなら、いつでも歓迎しますよ。いつでも遊びに来てください」とメッセージを送っていました。いつか1/2サイズの『サイバートラック』に乗るイーロン・マスクが見られるかも……?

1/2スケールの『サイバートラック』のけん引テストと走行テストの映像はこちら!




参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!