【FGO】アペンドスキル解説。手順と優先度、オススメサーヴァントも紹介。コイン入手法もチェック

『Fate/Grand Order』にて、2021年8月1日(日)より実装された新システム「アペンドスキル」について解説します。

サーヴァントコインとアペンドスキルって何?


2021年8月1日(日)より、『FGO』に新システムとして「アペンドスキル」が登場しました。

本記事では、今回登場した「アペンドスキル」および、その強化に必要なアイテム「サーヴァントコイン」について紹介していきます。

適用させるのに向いているオススメサーヴァントも紹介していくので、ぜひ最後までご覧ください。

あ、最初に言っておくと、アペンドスキルについては、慎重にやったほうが良いです。詳しい内容はこの下で紹介します。

強化できるパッシブスキル。3種類から選ぶならコレ


今回登場したアペンドスキルとは、戦闘中に自動で発動するスキルです。

なお、解放のためには同時に登場した「サーヴァントコイン」を使う必要があります。

ちなみにスキルの内容については、基本的に一部をのぞいてほとんどのサーヴァントで共通。詳細は以下の通り。

【各種アペンドスキル】


追撃技巧向上
特攻 ●自身のExtra Attackカードの性能をアップする[Lv](30〜50%)
魔力装填
NP増加 ●自身のNPをチャージした状態でバトルを開始する[Lv](10〜20%)
対クラス攻撃適性
攻撃力アップ ●自身の〔特定のクラス〕クラスに対する攻撃力をアップする[Lv](20〜30%)

優先度が高いのはどう考えてもアペンドスキル2の「魔力装填」でしょう。最大でNP20%の状態から戦闘を開始できるので、かなり戦略の幅が広がります。

なおアペンドスキル3のみ、各サーヴァントごとに指定クラスが異なります。一部のサーヴァント(例:星4アサシン「望月千代女」など)は「アルターエゴ攻撃適正」などを持つ場合もあるので、余裕があるなら解放しておくとどこかで役立つかも……?

■手順について


まずは下部の「MENU」から「強化」を選択。その中から「アペンドスキル強化」を選びましょう。

適用したいサーヴァントを選出したら、このような画面になります。


3つのうちからアペンドスキルを選び、後述するサーヴァントコイン120枚を消費することで、アペンドスキルを解放することが可能です。


1度解放すれば、それ以降は同アペンドスキルにはサーヴァントコインは必要なくなります。その代わり、強化のために特定の素材が必要となります。

最終的には「伝承結晶」を要求されるので、解放するならよく考えてやりましょう。悩みどころですが、この点は注意ですね。


サーヴァントコインについて


サーヴァントコインって、そもそも何だ? そう思われている方も多いのではないでしょうか。

実際のところ、「突然プレゼントボックスを満杯通り越して破裂させたアイテム」という印象しかない方もいるのでは?

というわけで、ここではサーヴァントコインそのものについて解説。

■入手方法は?


まず入手方法は大きく分けて2つ。

一つは召喚。そしてもう一つは絆レベルアップです。

それぞれの獲得量は以下の通り。

【召喚によるサーヴァント入手時の獲得量】

召喚の種類 対象サーヴァント レアリティ 獲得枚数
聖晶石召喚 期間限定サーヴァント 星5 90枚
星4 50枚
星3 30枚
ストーリー召喚
サーヴァント
星5 90枚
星4 50枚
星3 30枚
恒常サーヴァント 星5 90枚
星4 30枚
星3 15枚
フレンドポイント召喚 恒常サーヴァント 星4 30枚
星3 15枚
星2 6枚
星1 2枚

【絆レベルアップ時の獲得量】

絆レベル 獲得枚数
レベル1〜6 各レベルごとに5枚
レベル7〜9 各レベルごとに10枚
レベル10〜15 各レベルごとに20枚

ここで気をつけたいのは、召喚以外で入手した場合はサーヴァントコインが得られないということ。

イベントなどのクエスト報酬で得られたサーヴァントは、現在絆ポイントアップによってのみサーヴァントコインを獲得可能です。(今後入手機会を設けるとのこと)

また、シールダー「マシュ・キリエライト」のみ、絆レベルアップ時の獲得サーヴァントコイン枚数が、上記のパターンとは異なります。ちなみに現状最高値である絆レベル5の時点で、マシュのサーヴァントコインは60枚となっていました。

なお星5サーヴァントは、1騎召喚した上で絆レベルを6まで上げることで、サーヴァントコインが120枚。つまり、ここまでやってようやくアペンドスキルを一つ解放することが可能となります。

■他の使い道は?


実はこのサーヴァントコイン、今回紹介している「アペンドスキルの解放」以外にも使い道があります。

それは、レベル上限の解放。聖杯によってレベル100にしたサーヴァントを、さらにレベル120まで引き上げることが可能になります。

この際に必要なアイテムは、サーヴァントコイン30枚聖杯1個QPです。

1回につきレベル上限が2ずつ上がっていくため、レベル120まで育成するには聖杯が10個必要ということになります。まさしくエンドコンテンツですね。

実のところこの辺りを加味すると、アペンドスキル自体が、かなり慎重にやるべきことになってきます。サーヴァントコインはそうそう手に入る物ではなさそうなので、最初は「余裕があったら」くらいで適用するのが良いかも。

その辺踏まえて、次の話題。

オススメ例は?

最後になりますが、強化すべきオススメサーヴァントを少しだけ紹介。

基本的にここで紹介するサーヴァントは、アペンドスキル2「魔力装填」を適用する場合のオススメとなります。

■星1アーチャー「アーラシュ」


言わずもがな、周回のお供として毎日ステラしているアーラシュにはオススメ。

アペンドスキル2をレベル10まで育成することで、自身の第3スキルと合わせてNP50%までチャージ可能。

これに50%のNP礼装を合わせるだけで、即座に宝具を使うことができます。

星3概念礼装「龍脈」でコストを8に抑えるもよし、星5の50%NPチャージ概念礼装で、火力を補うのもよし。周回戦略の幅が大きく広がることになるでしょう。

また、同様の理由でNP30%チャージスキルを持つ星5セイバー「アルトリア・ペンドラゴン」や星5バーサーカー「アルジュナ〔オルタ〕」、星1バーサーカー「スパルタクス」などもオススメです。

■星5キャスター「玄奘三蔵」


第1スキルにより、即座にNP80%チャージが可能なため、最初から20%チャージしておくことで即宝具が可能。

同様の理由で、星3キャスター「ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス」や星5アルターエゴ「蘆屋道満」もアペンドスキル2をレベル10まで育成するのがオススメです。

■星4キャスター「ニトクリス」


星5概念礼装「カレイドスコープ」あるいは星5概念礼装「魔道元帥」との併用で、単独で宝具を2連打できます。

特定の星5概念礼装に加え、スキル2をレベル8以上、そしてアペンドスキル2もレベル10にしておく必要があるため、ハードルが高め。

しかしながら非常に便利なので、両方を適用できているマスターには特にオススメですよ。

■星2キャスター「陳宮」


最大まで解放した星4概念礼装「虚数魔術」(NP75%)と合わせることで、スキル2(10%のNPチャージ)を使用してすぐに宝具を使えます

なおこの場合に必要なNPは15%なので、アペンドスキル強化がレベル6で済むというところも評価点ですね。

Twitterで『FGO』最新情報をチェック!

『FGO』攻略班のTwitterアカウントができました。ぜひフォローしてください!


20180725_fgo

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!