『iPhone』カメラの“レンズフレア現象”が解消されるかも。iOS 15 Beta 4の新機能が発見される

Appleは2ヶ月前に発表された『iPhone』向けの新OS、iOS 15のベータテストを実施しています。

このiOS 15 Beta 4の中で、『iPhone』で撮影した写真からレンズフレアを自動除去できる新機能が追加されていることが、海外掲示板Redditのユーザーによって発見されました。

Source:Reddit,9to5Mac
*カテゴリー:テクノロジー technology

『iPhone』シリーズで起きていたレンズフレア現象が解消



レンズフレアとは、複数のレンズの間で光が反射し、不自然な光が写り込んでしまう現象をさします。

Redditに投稿された比較用の写真では、左端の方で不自然な緑の光が写り込んでいます。ちなみにこれは、Live Photoから切り出されたものです。


対して、こちらが通常撮影されたもの。確かにレンズフレアが消えていることが確認できます。



ただし、全てのレンズフレアが削除されるわけではないようです。例えば、写真の大部分を占めるような巨大なレンズフレアは削除されない、と投稿の作成者は追記しています。

外でこの機能をかなり試してみましたが、レンズフレアが大規模なもの(写真の大部分を覆っているもの)であればそのままになりますが、明らかに存在しないと思われる場所にある小~中規模の点であれば削除されます。

また、屋内で起こるレンズフレアは削除されなかったもよう。これに関して、他のユーザーはこう考察しています。

写真を撮るときに起こる一般的なレンズフレアと、ここ数世代のiPhoneカメラに見られる、より異常なレンズフレアがあります。これは2番目のレンズフレアのみを対象としているようで、屋内で発生するフレアに手をつけていないのは、ほとんどのカメラで一般的に発生するものだからだと思われます。


※筆者撮影、iPhoneで撮影したものではありません。中央右に写っているのがレンズフレア

Redditユーザーの議論を見る限り、この機能は少なくとも『iPhone XS』、『iPhone 11』、『iPhone12』シリーズで有効になっているようです。iOS 15の多くの機能は、A12 Bionic以降のプロセッサーを搭載した機種のみに適用されるため、この機能がさらに古い『iPhone』でも有効になるかは不明です。


また、今のところ動画などでは有効ではなく、静止画のみで有効になっているようです。

色々制限はあるようですが、この機能は写真好きの『iPhone』ユーザーにとっては待望のものとなりそうですね!iOS 15の正式リリースは、9月ごろとなる見込みです。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!