『iPhone』のノッチを隠す新技術の特許をAppleが取得!“真のフルディスプレイ”実現への布石か

Appleが『iPhone』のノッチを隠す技術を特許を取得したことが判明しました。

Source:MacRumors(1),(2),Apple Hub(FaceBook)
*カテゴリー:テクノロジー technology

『iPhone』のノッチ部分が“隠れる”新技術


この特許によれば、Appleは『iPhone』のノッチを使用していないときには隠し、ディスプレイ部分を広げる方法を研究しています。

簡単に仕組みを解説すると、ディスプレイに“窓”のような部分を作り、その下にカメラやFaceIDのセンサーを搭載したノッチを搭載します。これらの部品を使用しないときには、この窓の部分がディスプレイに切り替わり、その下にあるセンサーを隠します。

以下は特許出願でAppleが提出した資料の一部です。




Appleは多数の特許を出願・取得しており、これらの案が全て採用されるわけではありません。ただしAppleは、2023年にはノッチを完全になくした『iPhone』をリリースすると考えられており、この手段として、Appleがこの技術を採用する可能性も十分ありそうです。


以前著名アナリストのミンチー・クオ氏は、2022年の『iPhone 14』の一部モデルでは、FaceIDが画面下に内蔵されると述べています。

さらに2023年の『iPhone 15』となるであろうモデルの一部では、ノッチやパンチホールなどが完全に隠された“真のフルディスプレイ”を採用したモデルがリリースされると予測しています。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!