『iPod nano』が円形デザインで超絶進化して復活したら、という仮想CG→ホントに出たら最高なんだけどなあ

円形になった新型『iPod nano』のコンセプトデザインが、海外YouTubeチャンネル『Tech Blood』にて公開されています。

Source:Tech Blood
*カテゴリー:テクノロジー technology

円形になった新型『iPod nano』仮想CG


こちらが円形の『iPod nano』の仮想CG。サイズ感は不明ですが、『AirTag』より一回り大きいくらいかな?という印象です。


ボタンは1つ。めちゃくちゃ細かく作り込まれていますね。


カラーはスペースグレイ、ブルー、グリーン、レッド、それとシルバーの5色。


背面はガラスのような質感でデザインされています。素材的には『iPhone 12』と同じように見えますね。


『iPod nano』のメインはもちろん音楽鑑賞。UIも円形ディスプレイに合わせて作り直されているようです。


そして海外では人気の高いポッドキャスト機能も搭載しています。


これは新たなiPod OS(?)としてUIがリデザインされたという設定のようです。


背面にはクリップもつけられるようです。作成者は、たぶんMagSafeも使えるかも(?)とも説明しています。


それにしても、今後新しい『iPod nano』シリーズが登場するのかはかなり厳しいところ。『Apple Watch』か『iPhone』でほとんど同じことができちゃいますもんね。

このサイズで『iPhone』と同じことができたら最高なんだけどな……ちなみに『iPod nano』が登場したのは2012年9月が最後。この『iPod nano』もすでにビンテージ製品になってしまっています。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!