マイクロソフトの5G対応折りたたみスマホ、Surface Duo 2がくるぞ!ペン対応&トリプルカメラ搭載で最高級のAndroid端末に


» » » iPhone&スマホの最新情報はこちら

9月22日、マイクロソフトは、独自のデュアルスクリーン方式を採用したAndroid端末Surface Duo 2を発表する見込みです。

このデバイスについて、現時点で様々な仕様がリークによって明らかになっています。

Source:Windows Central, notebookcheck, GSMARENA, Windows United
*カテゴリー:テクノロジー technology

Surface Duo 2は5G対応の折りたたみスマホに。Surface Penにも対応のウワサ



テック系メディア『Windows Central』によれば、米FCC認証により、Surface Duo 2の詳細な仕様が明らかになったとのこと。

これによって、Surface Duo 2が5Gに対応することはほぼ確定。また、文章内でこのデバイスは“ポータブルハンドセット”と呼ばれているそうです。

プロセッサとしてSnapdragon 888(スマホ向けでは最高級のチップ)を採用、4G及び5Gにも対応しているとのこと。

他にはWi-Fi 6への対応マルチバンド5G、NFC、Ultra-Wideband(UWB、アクセサリやNearby Shareのような高速ファイル転送用と思われる)が確認されているほか、“Wireless Power Transfer”(ワイヤレス充電)についても言及されています。

ただし『Windows Central』はこれは端末のワイヤレス充電を指している訳ではないと予測しています。このデバイスは非常に薄いため、Qiコイルを設置して発熱を抑えることは難しいと思われ、そのためSurface Duo 2にQiワイヤレス充電機能を搭載することはできない、とのこと。


同メディアは、これはSurface Duo 2が、AppleのiPadシリーズが『Apple Pencil』を磁力でデバイスにくっつけて充電するのと同じように、Surface Penの充電に対応することを指しているのではないかと考えています。

上記の情報以外にも、Surface Duo 2についてはすでに多くのことが知られています。このデバイスはOSにAndroid 11を採用し、スマホ専門メディア『GSMARENA』によれば、このデバイスはSnapdragon 888プロセッサと8GBのRAM(メモリ)を搭載しているとのこと。

テック系メディア『NOTEBOOKCHECK』によれば、それぞれのディスプレイは有機ELを採用し、サイズは5.8インチ(解像度2,754×1,896px)で、リフレッシュレートは90/120Hzです。ストレージは最大256GBで、4,400mAhのバッテリーを搭載しています。

リアカメラについては、12MPメインカメラ、16MP超広角カメラ、12MP望遠カメラの計3つが搭載されます。販売価格は1,500ドルになると言われており、前回よりも100ドル高くなるとのこと。


同メディアは、マイクロソフトが同シリーズでスペック不足という失敗を繰り返したくないと考えていることは明らかだ、と指摘しています。前モデルの『Surface Duo』は日本向けには発売されませんでしたが、今回のモデルは日本向けにも登場することが期待されています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!