『iPhone 13 Pro』は1度の落下テストでカメラが悲惨な結果に。純正ケースを着けた状態での耐久性は?


» » » iPhone&スマホの最新情報はこちら

米保険会社Allstate Protection Plansが、『iPhone 13』シリーズの落下テストをYouTubeで公開しました。このテストでは、背面や前面、ケースを着けた状態との違いなど、『iPhone 13』の耐久性に関する詳細な結果が現れています。

Source:Allstate Protection Plans, MacRumors
*カテゴリー:テクノロジー technology

iPhone 13及び13 Proを約1.8mから落とすテスト



iPhone 13の落下テスト

まずはディスプレイ側を下に向けた状態で、6フィート(約1.8m)の高さからの落下テスト。『iPhone 13』は1回目の落下テストでは軽微な損傷で済みましたが、2回目の落下テストでは上下の角にひびが入りました。


純正のシリコンケースに『iPhone 13』入れた状態でも、2度目の落下テストで画面にひびが入りました。


背面からの落下テストでは、2回の落下に耐えたものの、3回目でカメラ部分に割れが生じました。


ケースに入れた状態でも、3回目の落下テストでカメラに小さなひびが入りました。


iPhone 13 Proの落下テスト

『iPhone 13 Pro』は、最初のディスプレイ側からの落下テストで底面全体にひびが入りました。


純正レザーケースに入れた状態でも、結果は同じ。やはり1度目で画面全体にひびが入りました。


『iPhone 13 Pro』の背面からの落下テストでは、1度目で全体にひびが入りました。


特にカメラ部分は悲惨です。外側の2つのレンズは、ほぼ使い物にならないレベルでダメージが入っています。


しかしケースに入れて同じ背面からの落下テストを行ったところ、『iPhone 13 Pro』は3回の落下すべてに耐えたとのこと。『iPhone 13 Pro』はケースに入れたほうが良さそうですね。


これらのテスト結果について、Apple専門の米メディア『MacRumors』は、前モデルと『iPhone 13』の耐久性は同じだと結論づけています。

ただし同メディアは、他の落下テストと同様に、『iPhone 13』モデルを落としたときにどうなるかはその時々の状況によって変わるため、これらのデモンストレーションの結果が必ずしも実際に起こるものとはいえないと注意しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!