次世代Apple Watchに「巨大モデル」デザインも大幅変更のウワサ


» Appleが解き放つ獣、新型MacBook Proの注目すべき「3つの大変化」


Series 7でより大きなサイズとなったApple Watchですが、2022年に登場する見込みの新型Apple Watch Series 8では、更に大きなサイズが登場する可能性があります。

*Source:@DSCCRoss, MacRumors, rendersbyian
*カテゴリー:テクノロジー technology

来年Apple Watchに「さらに大きなモデル」が登場と業界筋


ディスプレイ業界に詳しいロス・ヤング氏によると、Series 8となる次世代Apple Watchは、3つのサイズで登場する可能性があるとのこと。

詳細には言及していませんが、このツイートの前ではSeries 8にさらに大きなモデルの登場を示唆するような発言をしています。最新のSeries 7のラインナップが45mm、41mmと既に昨年モデルよりも大きいため、これはかなり巨大なモデルとなりそうです。

また、ミンチー・クオ氏は以前「早くても」2021年に大幅なデザイン変更が行われるとしていました。今年リリースされたSeries 7では大きなデザイン変更が見られなかったものの、Series 8ではラインナップの追加と同時にデザインが大きく変わるのかもしれません。

著名リーカーのジョン・プロッサー氏は以前、「Apple Watch Series 7のデザイン」として、大幅に変わったApple Watchの予測CGを公開していました。このデザインがSeries 8に持ち越された可能性も十分にありそうです。


この予測CGでは、従来のApple Watchと比べてよりフラットなデザインとなっていることが分かります。この傾向はiPhoneやiPadシリーズ、iMacなどにも見られており、Appleがこの方向性でデザインを統一していくことは想像に難くありません。

Apple Watch Series 7は筐体のディスプレイ比率が高くなった他、あまり目立った進化はありませんでした。既存のApple Watchユーザーの買い替え時期は、来年のSeries 8となるかもしれませんね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!