Google Pixel Watchのリリース「大幅遅れ」の可能性。原因は?


» スマホ世代におすすめの「マネー&お得情報」の最新記事リスト


今年前半にリークされたGoogle初のスマートウォッチPixel Watchですが、リリースはまだしばらく先になるかもしれません。

*Source:NOTEBOOKCHECK, @MaxWinebach, @evleaks, Lendersbyian
*カテゴリー:テクノロジー technology

Pixel WatchとWear OS 3.0はリリース大幅遅れの可能性


Pixel Watchは10月19日の『Pixel 6』発表イベントでの登場が予想されています。しかし現時点で、19日に発表されても発売が遅れる、または発表そのものが延期される可能性が出てきたようです。

テック系メディア『NOTEBOOKCHECK』の報じたところによると、Googleは半導体不足の影響により、Pixel Watchのリリースを社内で延期したとのこと。また、Googleは5月のGoogle I/Oで、大幅に改良されたWear OS 3.0を2021年後半にリリースすると発表しましたが、こちらについても現時点でほとんど情報がありません。

リーカーのマックス・ウィンバック氏は、Pixel Watchは来週発表され、発売が後になるか、または発表が来年になる可能性があると示唆しています。

多数のリークが出ている『Pixel 6』に対して、Pixel Watch関連のリーク情報がほぼ皆無なのも、Googleが社内で延期を決めている影響による可能性が高いと考えられます。また、GoogleはPixel Watchの発売まで、Wear OS 3.0もリリースしない可能性が高いと見られます。

Pixel Watchは、2018年に著名リーカーのエバン・ブラス氏が「Pixel 3シリーズと一緒にデビューする」と主張して以降、長い間注目されてきました。また、Googleはその1年後にスマートウォッチの特許を申請し、2021年4月にはジョン・プロッサー氏がレンダリング画像をリークしています。


大きな改良が施されるWear OS 3.0と、Googleの新しいスマートデバイスとなるであろうPixel Watch。リリースが延期だとしても、Googleが10月19日に何らかの情報を明らかにしてくれることを期待したいですね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!