Appleが解き放つ獣「新型MacBook Pro」に予測される3つの大変化


» 「AMDは終わり」とインテルCEO、されど次世代CPU『i9』のリークには「一抹の不安」も


Appleが10月のApple Eventを告知しました。タイトルは「Unleashed(解放)」で、開催は日本時間で19日の午前2時からとなります。

*Source:MacRumors, FRONT PAGE TECH, aderosa
*カテゴリー:テクノロジー technology



期待の新型MacBook Proは「3つの進化」に注目


このイベントで最も登場が期待されているのは新型MacBook Proです。Apple専門の米メディア『MacRumors』によれば、新型MacBook Proは14インチと16インチの2モデルが登場します。

著名アナリストのミンチー・クオ氏は、このディスプレイにはミニLEDが採用されると示唆しています。ミニLEDの採用では、コントラストや輝度の大幅な向上が期待できます。

他にも、新型MacBook ProではTouch Barが廃止され、物理的なファンクションキーが戻ると『MacRumors』は報じています。また、ポートには合計3つのUSB-C/Thunderboltポートに加え、SDカードスロットとHDMIポート、新しい形状のMagSafe充電ポートが搭載されるようです。


そしてハード面での大きなアップグレードとして、Webカメラの解像度が1080pに向上するとのこと。これは、AppleがWeb会議が増えた現状に注目し、強化している項目の1つです。

なにより注目されているのは新プロセッサです。マーク・ガーマン氏のレポートによると、新型MacBook ProにはAppleの新しい独自プロセッサM1Xが搭載されます。このM1Xは、M1と比較してグラフィックス性能が大幅強化されたチップセットになるとのこと。


詳細には、M1Xは10コアCPU(8個の高性能コアと2個の省電力コア)を搭載し、GPUは16コア/32コアの2つのバリエーションが開発されているそうです。

AppBankの元“バイヤーたてさん”によれば、このイベントのタイトルとなっている「Unleashed」には、「獣を繋ぐ紐を解く」という意味もあるそうです。

Appleが解き放つ“獣”は新プロセッサM1X、それともさらに他の何かなのでしょうか?Appleが19日に一体どんな革新をもたらすのか、楽しみですね!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!