インテルは半導体不足でも業績は堅調、しかし投資家は「失望」

インテルが2021年第3四半期の業績を発表しました。


 * Category:テクノロジー technology
 * Source:wccftech, UDN,

インテルの業績は比較的好調、しかし投資家は失望


『wccftech』の報道によると、インテルの2021年第3四半期の決算発表で、インテルは181億ドルの収益を報告しました。


一株あたり利益(EPS)では、インテルは1.71ドルを獲得し、こちらはコンセンサス予想を61%も上回る結果となったとのこと。


この業績について『wccftech』は、インテルのクライアントコンピューティング部門(CCG)を比較的良く評価しています。インテルをはじめとする半導体メーカーは、世界的な半導体不足に悩まされています。しかしCCG部門の堅調は、インテルはこの事態を器用に乗り越えていることを示しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!