Google Pixel 6「指紋認証センサーが壊れる」意外な原因と対策方法

10月に発表されたGoogleのスマホ『Pixel 6』で、「指紋認証センサーが使えなくなる」という問題がユーザーから報告されています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:Android Authority ,Reddit ,@madebygoogle

「Pixel 6の指紋認証が表示されない/使えない」原因と対処法

Android Authority

『Pixel 6』を手にしたユーザーからは、早くも様々な問題点が指摘されています。中でも多いのが、指紋認証センサーに関する報告です。

現在発生しているのが、「指紋認証センサーが完全に使えなくなってしまう」という問題。海外掲示板Redditに投稿された内容によると、この問題はバッテリー残量が一度でも0%になると発生するようです。

ユーザーの報告によれば、バッテリーの残量が0%になった後、再び充電して電源をつけると、画面内の指紋認証センサーが表示されなくなったとのこと。パスワードを入力し、指紋を設定し直そうとすると、「指紋の踏力が完了しませんでした」と表示され、登録ができなくなっていたそうです。


今のところ、この状態になってしまった場合の解決方法は「工場出荷時の状態にリセットする」しかないとのこと。もちろんこのリセットを行うとデータは全て消えてしまうため、リセットの際にはデータをバックアップする必要があります。当面は、『Pixel 6』の電池残量を0%にしないように気をつけたほうが良さそうです。

ただし、バッテリーが0%になっていないユーザーでも指紋認証センサーが無効になってしまったユーザーもいたとのこと。バッテリー以外の何かが引き金になっている可能性もあるようですが、詳細は不明です。

この問題はおそらくソフトウェアのバグであるため、近いうちにアップデートで修正されると思われます。

また別の問題として、『Pixel 6』の指紋認証センサーが遅い、という指摘も多く見られます。Googleの公式アカウントはこの理由については「強化されたセキュリティアルゴリズムを利用しているから」と説明しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!