『VALORANT Champions Tour – Champions』ベルリン大会に出場する全チームを紹介

【あわせて読みたい】『VALORANT』のトッププロたちが稼いだ賞金額が明らかに




人気eスポーツタイトル『VALORANT』の世界一を決定する公式大会、『VALORANT Champions Tour – Champions』の出場チームと組み合わせが発表されました。

今回は今大会に出場する全てのチームについて、その特徴と見どころを解説します。


*Category:テクノロジー technology|*Source:VALORANT ,hotspawn

2021年12月『VALORANT Champions:Berlin』出場チーム紹介:ヨーロッパ/北米/南米

» Gambit Esports


画像出典:@GambitEsports

ロシアのGambit Esportsは前回のMastersベルリン大会で優勝したチームであり、今大会でも優勝候補として注目されています。前回大会では100Tに一敗したものの、その後は圧倒的な強さを見せつけ、決勝でもTeam Envyに3-0で勝利しました。

Gambit Esportsは平均年齢19歳という比較的若いチームとしても知られています。また、同チームのnAts選手は前回大会で驚異的な活躍を見せつけ、世界トップレベルのラーカーとして有名になりました。

» Acend


画像出典:@AcendClub

Acendは、世界でも注目されている優勝候補の一つです。前回のMastersベルリン大会ではその実力を発揮し、準々決勝まで進出しましたが、100 Thievesに惜敗しました。

Acendは11月に開催された『Red Bull Home Ground』では、王者Gambit Esportsを2-0で撃破しました。また、同チームを代表するデュエリスト“cNed”選手は、EU最高のジェット使いとして知られている注目選手の1人です。

» Fnatic


画像出典:@FNATIC_JP

eスポーツの世界的な名門チーム、Fnaticは、Gambitの優勝により繰り上げで出場を決めました。最近の成績は芳しくありませんが、レベルの高いEU地域の強豪チームであることは間違いありません。

また、同チームのIGLである“Boaster”選手は日本でも非常に人気のあるプレイヤーで、同選手のチームの采配にも注目です。

» Team Liquid


画像出典:Team Liquid

『VCT EMEA:Last Chance』の激戦を勝ち抜いたTeam Liquidは、今大会では新たな優勝候補のチームとして世界で最も注目されています。前回のMastersベルリン大会では惜しくも敗退していますが、新たに“Nivera”選手を獲得してからは好調な成績を残しています。

“Nivera”選手は同チームを代表する選手、“ScreaM”の実弟としても知られています。兄弟の新たな活躍に注目です。

» Sentinels


画像出典:@Sentinels

北米の王者Sentinelsは、北米のすべての主要イベントで優勝し、VALORANT初の国際タイトルを獲得しています。しかしMastersベルリン大会ではG2 Esports、Team Envyに破れ、期待される結果を残すことができませんでした。

同チームはコーチ不在ということで知られていましたが、最近になってVALORANT、Overwatchと2つのタイトルで活躍した“Rawkus”氏をコーチに招き入れました。新たな頭脳を手に入れた王者Sentinelsの活躍に期待です。

» Team Envy


画像出典:@Envy

北米のTeam Envyは、前回行われたMastersベルリン大会のダークホース的な存在でした。同チームは王者Sentinels、100 Thievesなどの優勝候補を次々と撃破し、決勝へと駒を進めています。

El Diablo(悪魔)の異名を持つ同チームのジェット使い“yay”選手は同大会で、多くのシーンで圧倒的な強さを世界に見せつけました。決勝ではGambitに3-0での大敗を喫しましたが、今大会ではリベンジを狙ってくるはずです。

» Cloud9 Blue


画像出典:@Cloud9

北米から出場する3つ目のチーム、Cloud9 Blueは、活躍が期待されながらも中々結果を残すことができないチームでした。しかし『VCT NA:Last Chance』では一度敗北を喫しながらも優勝を果たし、その実力は確かなものとなっています。

ちなみに、同チームに在籍する韓国出身の“Xeta”選手は、現在日本のチームCrazy Racoonで活躍する“Munchkin”選手や“Bazzi”選手の元チームメイトです。

» KRÜ Esports


画像出典:@KRUesports

南米チリのKRÜ Esportsは、2021年に開催された3つの国際大会すべてに出場した3チームのうちの1つです。同チームはラテンアメリカ地域で最強であり、国内ではわずか1試合しか負けていません。

前回のMastersベルリン大会では日本のチーム、ZETA DIVISIONを破り、グループリーグを突破するなど、世界で通用する実力を証明しています。

» Team Viking


画像出典:@TeamVikings

ブラジルの第1シードであるTeam Vikingsは、国内、国際大会を問わず常に安定した成績を残しています。同チームの“Sacy”選手は最近の試合で特に安定した結果を残しており、注目すべき選手です。

また、Team Vikingの一試合目の相手は日本代表であるCrazy Racoonになることが決定しています。

» Vivo Keyd


画像出典:@VivoKeyd

ブラジルで最も活躍を期待されているチームと言えば、間違いなくVivo Keydでしょう。Mastersベルリン大会ではグループステージ敗退に終わってしまいましたが、今回は超強力な助っ人が参戦しています。”mwzera”選手はVALORANTがリリースされて以来、ブラジルのシーンで最も注目されている個人プレーヤーの一人です。

生まれ変わったVivo Keydは“Heat”選手らとともに、ブラジルのファンに強烈な活躍を見せてくれるはずです。

» FURIA


画像出典:@FURIA

ブラジルから出場する3つ目のチームFURIAは、『VCT SA』で優勝し、ついに国際大会で対戦する機会を得ることができました。同チームの“Nozwerr”選手は、ソーヴァのトッププレイヤーとして注目されています。

ブラジル地域はこれまで、国際大会で苦戦してきました。FURIAを含む3チームは、今大会でブラジルのeSportsファンを納得させる成績を収めることが求められています。




参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!