夜のひと笑い・いちえが炎上について謝罪? くれまぐ・UraNは「何でこうなった? 」と困惑気味

夜のひと笑い・いちえが炎上について謝罪しました。ことの発端はYouTuber登録者数運動会であった些細な出来事。様々な憶測が飛び、炎上してしまったため、傷付けた相手のくれまぐ・UraNに謝罪をすることに。一体何があったのでしょうか?炎上について、謝罪の様子、SNSの反応について徹底解説していきます!

夜のひと笑い・いちえが炎上?

夜のひと笑いとくれまぐは同じ白組で、以前からコラボしたりとても仲の良い様子の二組。そんな二組の間に何があったのか、なぜいちえは炎上したのでしょうか?詳しくみていきましょう。

YouTuber登録者数運動会での行動が原因

いちえが炎上したのはYouTuber登録者数運動会でのある二つの行動が原因でした。一つ目はお昼ご飯中に白組でご飯を食べている最中、たまたまいなかったUraNの話で盛り上がり、いちえが大爆笑したことが原因だったようです。

話していたのがUraNを馬鹿にした内容だったこと、いちえが大きな声で笑っている中、UraN以外のメンバーは無反応だったことから大炎上してしまったのだとか。

二つ目は障害物リレー後のみんなでレースを振り返っている時の出来事です。いちえとUraNは同じ飴玉探しの競技で、UraNが早く飴を探し出せたことをいちえが「たまたまやんか」と発言したことが原因でした。いちえがUraNを嫌いだから強く当たっていると様々な憶測が飛んだのだとか…。

UraNは騒動を知らなかった?

UraNはいちえから謝罪のLINEをもらってこの騒動を知ったそうです。LINEをもらった時、「何がどうなってこうなってんの?」と感じ、くれまぐ内も何が何だかわからない様子だったのだとか。

本人達も知らないところでことがどんどん大きくなってしまい、間違った伝わり方をしてしまったようですね…。

一連の騒動を謝罪

いちえがUraNに一連の騒動を謝罪しました。詳しくみていきましょう。

仲が良いからこその行動だった?

いちえは謝罪とともに今回の行動は、運動会を通して仲良くなったからこその行動だったと説明しました。二人は同じ白組で交流も増えていき、お泊まりをする程の仲にまでなったそうです。

お互い心を許せる関係になったため、あのようなイジり方してしまったのだとか。いちえは悪気はなかったが、見ている方を不快にしてしまったことを深く反省している様子でした。

UraNは本当は嬉しかった?

UraNはお昼ご飯中のあのイジりは本当は嬉しかったそうです。UraNはお昼ご飯の時腹痛で他の場所で休んでいたそうで、いない間にみんなが仲良くなってしまわないか不安を抱えていたのだとか。

そしたらいない間に自分の話が話題になっていて、とても嬉しかったようです(笑)。スカイピースのテオくんらと自分の話をしてくれたことだけでも感激で、嫌な気持ちには一切なっていないと断言していました!

今後気をつけることとは?

勘違いだったとはいえ、炎上してしまった今回の件。今後はどのようなことに気を付けて活動していくのでしょうか?みていきましょう。

見え方を意識していく?

今回の一件で見え方を学んだという二組。UraNは以前からYouTubeの見え方の難しさを感じていたそうで、くれまぐ内でも人数が三人なので二対一で省いているのではないかと憶測が飛んだこともあったようです。

どんなに仲が良くても他の人から見たら違和感を感じる行動や、本人は気にしていなくても同じ体型の人が気にしてしまう行動など、もっと見せ方を気を付けなければいけないと二組で話していましたね。

切り替えていくことを宣言!

今回の動画で伝えたことが騒動の真相で、お互いで既に解決済みのため切り替えていくことを宣言していました!さらに視聴者の方にもここで終わりにして切り替えてほしいとお願いしていましたね。

今後も二組は以前と変わらず、仲良くしていくことも宣言していました!今後も二組のコラボに期待しましょう!

SNSの反応は?

続いてSNSの反応を紹介していきます。今回はYouTubeのコメント欄を抜粋しました。

「これからもいちえちゃんらしく頑張ってほしい」
「いろいろ大変だろうけど応援してます。」
「うらんちゃんの人柄の良さが更にわかる動画だった」

などといちえちゃんへの応援のコメントや、UraNちゃんの人柄の良さについてのコメントが多かったようです。他にも炎上後しっかり説明した夜のひと笑いに、賞賛や感謝のコメントが多く届いていました。応援してくれるファンの方は信じているので、炎上にめげず頑張って欲しいですね!

二組の活動に今後も注目!

視聴者の憶測でどんどんことが大きくなり、間違った情報が伝わってしまった今回の炎上。視聴者も憶測でコメントを書かないようにしたり、無責任な発言は避けたりしたいところです。

クリエイター、視聴者が協力し合い、YouTubeというコンテンツをもっとより良い物にしていきたいですね!二組の今後の活動にも期待しましょう!最後まで読んでいただきありがとうございました!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=izZ7FLqsm9I

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!