なぜApple Watchの背面センサーは緑色に光るのか?



» なぜiPhoneは「バッテリー残量1%」になってからしぶといのか




Apple Watchを装着していると、突然、背面が緑色に光ることがあります。

これは、心拍数を計測する光学式心臓センサーによるものです。しかし、なぜ緑色の光なのでしょうか?



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,Wikipedia(英語)

Apple Watchの背面センサーが緑色に光る理由

Apple Watchの背面センサーの光が緑色なのは、「光電式容積脈波(photoplethysmography)」と呼ばれる技術を採用しているためです。


難しそうに聞こえるかもしれませんが、考え方はとてもシンプルです。血液は赤色の光を反射し、緑色の光を吸収するため、赤く見えます。

心臓センサーはこれを利用して、緑色のLEDライトと光に反応するフォトダイオードセンサーで手首に流れる血液の量を測定します。心臓が拍動しているときは、手首の血流が多くなり、緑色の光の吸収量も多くなります。対して、拍動と拍動の間は、それが少なくなります。


また、緑色のLEDライトは実際には1秒間に数百回点滅しています。 この速度では、私たちの目は個々の点滅を識別することができず、単に緑色に光り続けているように見えます。

しかし、緑色の光がいつもよりずっと明るいと感じたことがあるなら、それにも理由があります。心臓センサーの信号が弱くて血流を検知できない場合、それを補うためにグリーンの光を明るくし、点滅速度を上げるように設計されているのです。


これは一般的に、緩めのバンドを装着している場合や、手首の位置が一定で時計が肌に触れない場合に起こります。

しかし、Apple Watchが1日中心拍数を記録しているにもかかわらず、緑色の光が常時点灯しているわけではありません。これは、Apple Warchに赤外線センサーを使って心拍数を測定する、もう一つの方法に対応しているためです。


このセンサーは、緑色のLEDよりもはるかに少ないバッテリーで、10分ごとにバックグラウンドで計測を行うように設計されています。ただし問題は、精度が低いことです。

そのため、赤外線センサーの精度に問題があるとApple Watchが判断すると、代わりに緑色のセンサーに切り替わります。ちなみにほとんどのスマートウォッチの背面センサーは緑色に光りますが、これも同じ理由です。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!