【悲報】iPhone 14、Touch IDなしがほぼ確定…期待できるのはあのモデルだけ



» なぜAppleは「iPod touch」を終わらせるのか?




2022年の9月頃に登場する見込みの「iPhone 14」シリーズですが、Touch IDは搭載されない可能性が高いようです。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:Cult Of Mac ,(2) ,@DSCCRoss ,9to5Mac

ディスプレイ業界筋がiPhone 14のTouch ID搭載について言及


経済紙記者のマーク・ガーマン氏は去年の1月頃、Appleは画面内指紋認証センサーの開発に取り組んでいることを示唆しました。

この指紋認証センサーは2021年のモデルに採用されるという噂もあり、Touch IDが「iPhone 13」で復活すると予測されていましたが、これは実現していません。

今回、ディスプレイ業界に詳しいアナリストのロス・ヤング氏が、「iPhone 14 Proには2つのパンチホールがある」というリークとともに、今年のモデルにもTouch IDが搭載されないことを改めて確認しました。

今年はTouch IDはなさそうですね…:( (@DSCCRoss)

前述のガーマン氏は、AppleがFace IDを重視していることも伝えており、「できることならば、全てのMacやiPadでもFace IDを採用したいはずだ」と述べています。


反面、Face IDがiPhoneにしか採用されていないのは、コスト面での問題とのこと。そのため、Touch IDは安価なデバイスと高価なデバイスを差別化する方法として、引き続き採用されるだろうと示唆しています。

この考えが正しければ、iPhoneの主力モデルにTouch IDが復活することはまずないということになります。少なくとも、ヤング氏のリークを考えると、iPhone 14シリーズへTouch IDが搭載されることは期待しないほうが良さそうです。

ただし、iPhone SE 3は引き続きiPhone 8系統のデザインを採用し、Touch IDを搭載すると予測されています。iPhone SEは今後も安価なシリーズとして登場することが予想されているため、こちらはしばらくはTouch IDを継続するかもしれません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!