キモいぞ iPhone 14 Pro! 「虫食い穴つき画面」になる説が衝撃的すぎる!!



» iPhone 14 Proの「だ円形パンチホールカメラ」採用がもたらす意外なメリット




ディスプレイ業界に詳しいロス・ヤング氏が、iPhone 14 Proシリーズには、ディスプレイの上部付近に楕円形と円形の、2つのパンチホールが搭載されると主張しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,@DSCCRoss ,@RendersbyIan


iPhone 14 Proは2つのパンチホール画面採用と業界筋がリーク


ヤング氏によれば、円形のパンチホールはFace IDのドットプロジェクター用と考えられ、楕円形のパンチホールはフロントカメラとFace IDの赤外線センサーが収められるとのことです。

ドットプロジェクター用と思われる穴。錠剤(楕円形パンチ)は自撮り用とIRカメラ用…(@DSCCRoss)

この画像を基に、3Dデザイナーのイアン・ゼルボ氏がノッチ搭載iPhoneとの比較画像を再び投稿しています。

100%正確な情報 @DSCCROSS によると、これは実際にiPhone 14 Proのディスプレイの新しいデザインだそうです。ありがとうApple…私はそれが嫌いだ…。(@RendersbyIan)

とはいえ、どんなデザインでも買ってしまうのがワタシたち。あれほどキモいと言われたノッチだって、買って3日で気にならなくなりましたもんね。「虫食い穴説」がホントだとしたら最初は違和感がスゴそうですが、きっとすぐ慣れます……たぶん、ぜったい。

以前までは円形のパンチホールが搭載され、Face IDセンサーは埋込み型になると予測されてきました。しかし最近のリークを見る限り、Appleは14 Proでの「埋め込み型Face ID」の実現を諦めたようです。

この新しいデザインは、9月に発表される見込みの6.1インチ「iPhone 14 Pro」と6.7インチ「iPhone 14 Pro Max」に採用されると噂されています。下位モデルである6.1インチの「iPhone 14」と6.7インチの「iPhone 14 Max」では、ノッチが引き続き搭載されると予測されています。なお、miniモデルに関してはiPhone 13シリーズで打ち切りとなる見込みです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!