【モンハンライズ】今日はアイツが河童だと思い出した記念日!! 使い勝手の座るポーズでカムラの里を盛り上げよう

最大金冠のアオアシラとヨツミワドウを狩猟しよう

 

本日2022年1月21日(金)、Nintendo Switch向けソフト『モンスターハンターライズ』の最新イベントクエスト“熊と河童の揃い踏み”の配信が始まった。

このイベクエ最大の目玉は“座る”のポーズ。

そしてアオアシラとヨツミワドウの最大金冠を更新できることだ。

本記事ではイベクエの注意点とポーズの魅力を合わせて紹介。

誰もがやるに違いない“あそこ”に座ってきたぞ。

熊と河童が集う獄泉郷へ

ハンターそっちのけの大乱闘

獄泉郷をアオアシラとヨツミワドウが最初から徘徊。分断するのが難しいので狩猟する順番を決めておきたい。

そう思っていたのだけど始まって早々、2頭は縄張り争いを開始。

その後もお互いがダメージを与えるシーンが多く、タイミングを伺いながらこちらも加わるといった流れになった。

▲開始早々勃発する縄張り争い。絶対、これがしたかったんでしょ!! と開発陣を問い詰めたくなる最高の始まりだ。
▲1エリアしかないため獄泉郷は大混乱。1頭ずつ集中していきたいけどそうもいってられない。

 

とても慌ただしいイベクエだけどいずれも通常種。

被ダメージも控えめで、多少のことでは力尽きるようなことはなかった。

アオアシラが腕を上げたら連続引っかき、お尻を振ったらヒップアタックの合図。

ヨツミワドウはお腹をふくらませると鈍足になるかわりに攻撃力と範囲が広がる点を念頭に、どちらか1頭を狩猟し終えるまでは深追いせず慎重にせめていこう。

▲2頭をそれぞれ操竜してさらにダメージを与えていく。慌ただしいイベクエだけど不思議とテンションが上がる。
▲いずれも最大金冠ということもあって迫力満点。見上げるような視点でいい絵が撮りたくなってしまう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!