iPhone 14の噂まとめ:デザインの変化やカメラ、ディスプレイなど、発売時期の有力リーク情報はコレだ!



» Appleがインテル&Windowsにトドメを刺す! 「PCキラー」に「新型iPhone SE」ほか、ヤバ過ぎるリーク4連発!




Appleが今年登場する見込みの「iPhone 14」シリーズに関して、様々なリークが登場しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,@DSCCRoss ,経済日報 ,rendersbyian

iPhone 14シリーズのリーク・噂まとめ。デザインやラインナップの変更が有力


Appleは、5.4インチのminiモデルの売れ行きが悪いために、iPhone 14シリーズではminiモデルを廃止すると言われています。

著名アナリストのミンチー・クオ氏によれば、2022年には6.1インチの「iPhone 14」、6.1インチの「iPhone 14 Pro」、6.7インチの「iPhone 14 Max」、6.7インチの「iPhone 14 Pro Max」が登場するとのことです。

iPhone 14シリーズの画面:Proモデルはノッチが廃止、2つのパンチホールを搭載

ディスプレイ業界に詳しいロス・ヤング氏によれば、「iPhone 14 Pro」ではノッチが廃止され、2つのパンチホールが搭載されるとのこと。

私たちは今、AppleがiPhone 14 ProとPro Maxモデルに穴+錠剤型のデザインを採用すると信じています。小さい方の穴が見えなくなることはないでしょう…2つの穴のコンセプトはノッチのようにApple独自のもので、Huaweiのすべてのピルモデルとは似ても似つかないものになるでしょう…これらの新しいレンダリングを見てみましょう。

これは、Face IDセンサーとインカメラを搭載しているためです。Face IDセンサーは画面下に埋め込まれるというウワサもありましたが、Appleはこれを諦めたようです。

またヤング氏は、ProMotionはiPhone 14 Proシリーズに限定されると指摘しています。これは、対応したディスプレイの供給が足りないことが原因とのこと。

iPhone 14シリーズは背面デザインも大幅変更

iPhone 14 Proの全体的なデザインに関しては、去年の9月に著名リーカーのジョン・プロッサー氏が共有しています。


この予測CGでは、カメラの飛び出しがなくなり、よりフラットなデザインとなったiPhone 14 Proの姿が確認できます。また、ポートに関しては「Lightningポートが残っていることを確認した」とのこと。

また、「MacRumors」が共有したレポートによると、iPhone 14シリーズにはチタン合金のシャーシが採用される可能性があるそうです。AppleはApple Watchシリーズの一部モデルにチタンを採用していますが、iPhoneに採用されるのは初めてです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!