新型「iPhone SE」「iPad Air」発表は3月18日、予想価格やスペック、注目ポイントなど噂まとめ


第5世代「iPad Air」の予想スペックと2022年Apple春イベントの注目ポイント


第5世代となるiPad Airの強化は、現行のiPad miniとの差を埋めるものとなるとテック系メディア「9to5Mac」が予測しています。

第5世代「iPad Air」A15チップを搭載、インカメラ強化

iPad Airの前モデルはA14チップを搭載しながらも5G通信には対応していませんでしたが、新モデルではA15チップを搭載し、5G対応になると予測されています。


「9to5Mac」によれば、インカメラもmini同様に7MP解像度から12MP解像度に強化され、ビデオ通話時のセンターフレームに対応する可能性があるとのこと。

価格に関しての噂はありませんが、現行モデルは69,080円からという価格設定になっています。なお、現在は半導体不足により通常版iPadに大きな遅れが出ていますが、iPad Air(現行モデル)には影響していないようです。

参考:2021年のApple春イベントで発表された製品

2021年春の4月20日に開催されたAppleの発表イベント「Spring Loaded」で発表されたものは以下の通り。

  • 24インチiMac
  • AirTag
  • Apple TV 4K
  • M1チップ搭載のiPad Pro

その他にも、サプライズとしてiPhone 12とiPhone 12 miniに新色パープルが追加されました。今のところ噂はありませんが、今回のイベントでAppleが「iPhone 13」シリーズに春の新色を追加するかどうかにも注目です。

記事を最初から読む

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!