【モンスト】空閑遊真は獣神化改させない方が良い?【ワールドトリガーコラボ】

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。
目次

良い部分と微妙な部分とは?

獣神化の良い部分と微妙な部分

モンスト空閑遊真SS2


ブラボー成田 まずは獣神化の良いところは、おもちさんも懸念していたヒット数です。
やっぱりか。
ブラボー成田 獣神化のSSは防御ダウン3倍が入り、1.3倍攻撃力で6回の追撃をします。
つまり3×1.3×6……
合計23.4倍のダメージが入るってことか。
ブラボー成田 しかも、6回の追撃ですが……
ボスには複数のヒット判定があるので、追撃1回につき2ヒット〜3ヒットする場合もありますね。
なるほど。単純に6ヒットというわけではないのか。
ブラボー成田 そして、空閑遊真の強みの1つは、追撃中にクリティカルが発動できることなんですよね。
あ〜!
前に記事でも紹介したよね!
サムネ


「空閑遊真」の他ワンパンキャラにはない神性能!! そりゃ強いわけだ… 日記#45

ブラボー成田 もちろん。確定で発動するわけではないので、あくまで“おまけ要素”という感じですが、発動時には凄まじいダメージを叩き出せます。
あとは、追撃が星形に移動するから、弱点は必ずヒットしそうだよね。
ブラボー成田 そう。それも重要です。
星形に移動して最後に縦に貫くので、“弱点に触れられない”ということがほぼありません。
特に高難易度クエストだと“弱点に当たってなんぼ”みたいなクエストもあるので、そういうところではより強く感じますよね。
なるほどね。
ブラボー成田 獣神化はこんな感じです。
SSターンがちょっぴり重いという部分が微妙に感じますが、SSの仕様自体に微妙な感じる部分は個人的にはありませんね。
じゃあ次行ってみようか。

獣神化・改の良い部分と微妙な部分

追撃


ブラボー成田 続いては獣神化・改です。
まず1撃になり、倍率が21.42倍に下がりました。
獣神化 獣神化・改
防御ダウン:3倍
追撃:1.3倍×6ヒット
合計倍率:23.4倍
防御ダウン:2.52倍
追撃:8.5倍×1ヒット
合計倍率:21.42倍
え……え……?
ヒット数も少なくなった上に、倍率も下がったの?
つまり弱くなったってこと?
ブラボー成田 たしかに数値だけをみると、弱くなったように見えますが……
先ほども言ったように、大抵のボスは複数ヒット判定があります。
なるほど!
しかも1撃が21.42倍ってことは、2ヒットしただけで42.84倍までに跳ね上がるんだもんね。
ブラボー成田 そして、このSSの特徴は、
追撃がボスの中央を貫くようになったこと。
中央弱点の敵には強そう!
ブラボー成田 そうですね。中央弱点を持つ敵には確定で弱点をとれるのが強みですが、
それ以外の敵に対しては、停止位置を考えなければなりません。
ボス必中SSだから、最初にふれる敵や停止位置を気にしないのが便利に感じてたけど、獣神化・改のSSは停止位置によって火力にムラが出てしまうのか……
ブラボー成田 そうなんですよね。
もちろん、通常クエスト〜高難易度クエストくらいで使う分には問題ないほどの高ダメージを叩き出せるんですけどね。
轟絶や超究極で「弱点貫けなくてワンパンできませんでしたぁ」
じゃ、話にならないもんね(笑)
ブラボー成田 悔しすぎますよね(笑)

まとめ

ブラボー成田 ということで、ざっくりまとめると以下のような使い方になると思います。

獣神化
SSで安定した高ダメージを叩き出せるうえに、弱点を高確率で拾えるため、轟絶や超究極などの超高難易度クエストでのワンパン要員

獣神化・改
「光属性耐性」や「SSターン短縮」の追加、友情コンボが強化され、純粋に獣神化の上位互換。
レベルの書・戦型の書などの節約にもなるので、通常使いはこちらがおすすめ
なるほどね。
基本的には獣神化・改で使ってて、こちらでワンパンができない時に、獣神化に戻すって感じで良いワケね!
ブラボー成田 それが無難かなぁとおもってますね。
一番は2体持っておくのが良さそうですけどね(笑)
そんなわけで、おもちさんどうでした?
今回もわかりやすい解説ありがとう!
獣神化・改で1ヒットになったから、弱くなったとおもってたけど2〜3ヒットするって考えればかなり強力だよね!
ブラボー成田 あとは弱点に当たればですけどね〜……(笑)
そこばっかりはしょうがないですね。
読者のみなさんもお付き合いいただきありがとうございました!
ブラボー成田 みなさんの参考にもなれば幸いです!
ありがとうございました!

小南桐絵は獣神化改させない方が良い?

【ワートリコラボ情報をもっとみるならココ!!】

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次