ジョブズを納得させた「iPhoneに戻るボタンはいらない」理由。iOSの基礎を作り上げた天才デザイナーの考え方とは?



» スティーブ・ジョブズが倒産寸前のAppleを救った「たった1つの製品」




Appleの初代「iPhone」は、当時のマルチタッチ機器としては革新的な操作感を備えており、世界を驚かせました。

しかし、iPhoneのデザインで最も議論を呼んだ要素も数多くあります。その1つが、「戻る」ボタンが存在しないことです。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,Wikipedia

なぜiPhoneには「戻る」ボタンが搭載されなかったのか?

「戻る」ボタンは、今でも大半のAndroid端末に標準装備されているものです。これは「いつでも前の画面に戻るボタンがあれば、ユーザーは簡単にデバイスを操作できる」という考え方から搭載されています。


しかし、Appleは「戻る」ボタンのない操作体系を作り出しました。その決断の背景には、初代iPhoneが開発中だった2007年にさかのぼるストーリーがあります。

実は、当時のCEOであるスティーブ・ジョブズは、「戻る」ボタンを搭載するつもりでした。ジョブズは、このボタンがナビゲーションのために必要不可欠だと考えていたのです。

ジョブズの考えは当然なものでした。実際、当時発売されていたAppleの音楽プレイヤー「iPod」は、ナビゲーションのためのボタンを5つ備えた操作体系で、大ヒットを記録しています。


この考えに異を唱えたのが、Appleに19年間在籍した、UIデザイナーのイムラン・シャウドリ氏です。彼は初期のiOSのUIを作成したチームの一員であり、Appleを退社する2017年までの間に、Mac、iPod、iPhone、iPad、Apple TV、Apple Watch、AirPods、HomePodなど数々の製品に関わった天才デザイナーです。


当時30代だった彼はジョブズにこう言いました。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!