iPhoneから消えた「3D Touch」が復活するかも。Appleが感圧タッチ技術の新たな特許を申請



» iPhoneにこれが表示されたら、絶対に無視しないで




AppleがiPhoneやApple Watch向けに、感圧タッチ技術に関する新たな特許を申請していることが明らかになりました。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac ,Patently Apple

Appleが感圧センサーの新技術の特許を申請


「Patently Apple」によると、米国特許商標庁は先日、Appleが取得した感圧タッチ技術に関する複数の特許を公開しました。この機能はXR以降のiPhoneで廃止された「3D Touch」によく似た技術です。

ただし、今回の特許はiPhoneに限定されたものではありません。特許の1つは「Apple Watch」や「AirPods」のような小型の向けに設計された感圧センサーを示しています。通常の感圧センサーは、製品内部のかなりの体積を占めるのに対し、Appleの新しい「微小電気機械流体圧力センサー」はコンパクトに収まるとのこと。

この特許では、感圧式のサイドボタンを備えた「Apple Watch」が挙げられており、Appleが物理ボタンを感圧センサーの新しいボタンに置き換える可能性が示されています。テック系メディア「9to5Mac」は、おそらくAppleは「Apple Watch」の可動部を減らし、より頑丈にするための方法を模索しているのではないかと指摘しています。

2つ目の特許では、血圧や脈波伝播速度まで検出できる「Apple Watch」用のスマートバンドに感圧センサーを搭載されている図も示しています。「Apple Watch Series 8」には新しい健康機能が搭載されると噂されていますが、これは新たな目玉となる機能かもしれません。

他のAppleの特許では、この「微小電気機械流体圧力センサー」をMacBookのトラックパッドや、iPhoneのディスプレイの下に使用し「小さな、あるいは緩やかな力の変化を正確に検出することができる」とされています。つまり、この技術によって「3D Touch」同様の体験が可能になると考えられます。

「9to5Mac」は、おそらくこれによってAppleは、より低コストで複数の製品に搭載しやすい技術で「3D Touch」を復活させることができるだろう、と指摘。ただし、iPhone 14などで3D Touchが復活するという噂はないため、これらの技術が実際に搭載されるのは数年後かもしれない、と予測しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!