タフなのはどっち?「iPhone SE3」vs「iPhone 13 Pro」を1.8m落下や水没テストで比較!



» エモい…「最初のiPhone」で撮った動画がエモい




iPhone SE 3」の落下・防水テストを、米国の保険会社「Allstate」が実施しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac ,Allstate

新型「iPhone SE 3」の耐久・耐水性は?「iPhone 13」との比較も


Appleは発表会で、「iPhone SE 3」が「スマートフォンの中で最も丈夫なガラス」を搭載しているとアピールしました。これは同社の「iPhone 13」シリーズ同様のセラミックシールド採用を示すものではありませんでしたが、ガラスは十分な耐久性を備えているようです。

「Allstate」が行った「iPhone SE 3」の落下テスト(9to5Mac経由)によれば、「iPhone SE 3」
は6フィート(約1.8メートル)の高さからの、前面からの落下テストに耐え、「わずかな擦り傷」を残すのみだったとのこと。


同社によれば、これはセラミックシールドを採用したiPhone 12と13を前面から落とした結果と同じだそうです。また、「iPhone SE 3」を同じ高さから横向きに落とした場合も同じで、わずかな擦り傷がつくのみというテスト結果でした。

ただし、「iPhone SE 3」を背面から落とした際には、最初の落下でガラスにひびが入ったとのこと。なお、iPhone 12と13はこれに耐えることができたそうです。同社は、iPhone 13のフラットな側面が、「iPhone SE 3」よりも高い耐久性を発揮しているのではないかと予測しています。

テック系メディア「9to5Mac」はこれについて、これらのモデルの背面には同じガラスが採用されているため、SE 3の背面が今回のテストで割れたのは運に左右されただけかもしれない、と補足しています。

なお、「Allstate」による前回の「iPhone 13 Pro」落下テストでは、前面と背面のどちらからでも、一度目でガラスに割れが生じてしまっていました。


この結果からすると、「iPhone SE 3」は「iPhone 13」の耐久性とほぼ同等で、「iPhone 13 Pro」にはやや勝るということになります。

また、同社は「iPhone SE 3」の防水テストも実施し、1メートルの水深に30分間沈めても問題なく耐えたとのこと。テスト後には一時的にスピーカーのボリュームが小さくなったものの、1時間後には解消されたそうです。

「Allstate」は「iPhone 13」シリーズの耐水性は検証していませんが、海外のテック系YouTuberのテストなどを見る限り、どちらも生活には十分な防水性能を持っていることは間違いなさそうです。


Appleによれば、「iPhone 13」シリーズはIP68等級の耐水性を備えており、6メートルの水深に30分間耐えられるということが示されています。Appleの仕様通りであれば、IP67等級の「iPhone SE」よりも優れた耐水性を持っていると考えて良いでしょう。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!