Appleはなぜ最新MacBook Proで「Touch Bar」を廃止したのか?



» なぜ「MacBook」にはタッチ画面が搭載されないのか?




Appleはなぜ最新「MacBook Pro」で「Touch Bar」を撤廃させたのでしょうか。

「Touch Bar」が撤廃された理由について、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,wikipedia

Appleが「Touch Bar」を新型「MacBook Pro」で完全撤廃した理由とは?

Appleは2016年に発表した「MacBook Pro」で直感的な操作が出来る様に「Touch Bar」を新機能として採用しました。「Touch Bar」とは、キーボードの上部に設置されたタッチセンサー式ガラスディスプレイです。


そもそも「Touch Bar」が追加された理由は、MacBookシリーズにタッチ画面を搭載する代わりという目的があります。

以前からユーザーは「Apple Watch」「iPad」「iPhone」などがタッチ操作をベースにしているのに対し、Macはマウスとタッチパッド、キーボードでの操作のみとなっていた為、「いつかMacにもタッチ画面が搭載されるのではないか」と期待していました。

しかし、Appleはマルチタッチ画面をMacに搭載することには意味がないと頑強に主張し続けていました。その理由は、PCのディスプレイはほとんどの場合縦に置かれるため、タッチ操作をしづらいとAppleが考えていたからです。

ところが、その「Touch Bar」は最新の「MacBook Pro」のリリースで撤廃されています。


Appleはその理由として、ユーザーが「Magic Keyboard」にある物理的なファンクション列のキーボードを高く評価していた為「Touch Bar」を廃止したとしています。逆に言えば「Touch Bar」は使いづらかったから廃止した、という意味になります。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!