WWDC 2022:iOS 16など発表、新型Macも登場の噂。VR/ARヘッドセット関連の新情報にも期待



» スティーブ・ジョブズの「こだわり」が招いた5つの失敗




Appleが、2022年のWorldwide Developers Conference(WWDC)を開催することを発表しました。WWDCは基本的に新OSの発表がメインとなりますが、今回は新たなハードウェア製品が発表されるとの噂もあります。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac ,MacRumors

Appleが新OSを披露する「WWDC 2022」の開催日が決定。新Macの発表にも期待


WWDC 2022は、6月6日から10日までの間、主にオンライン形式で開催されます。このイベントは、AppleがiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSなどの新バージョンを発表するとともに、開発者がAppleのエンジニアやテクノロジーと交流するという目的があります。

現在のところ、これらの新OSに関する噂はほとんどありません。Apple専門の米メディア「MacRumors」はiOS 16について、2022年リリースが噂されているAR/VRヘッドセット関連の何かしらの機能が追加されることを期待しているとのこと。

ただし、このヘッドセットの発売は以前まで「2022年6月のWWDCで発売される」と噂されていましたが、こちらは2023年まで延期されたとの情報もありました。

また、iPhone 14の新しい機能「交通事故検知」のサポートが含まれるという噂もあるようです。これは、ユーザーが交通事故にあったことを感知すると、自動的に緊急サービスへ電話がかかるという機能です。


WWDC 2022では、開発者をターゲットにした新しいハードウェアの発表も行われる可能性もあります。経済紙記者のマーク・ガーマン氏は以前、Appleが5月か6月にAppleシリコン搭載の新型Macを発表する可能性があると報告していました。

Appleのジョン・ターナス氏は先月のイベントで、「Mac Studio」を発表の終わり際に「Mac Proについては、また別の機会に紹介する」と宣言しています。確かに、一般消費者というよりはプロ向けの新しいMacが6月のWWDCで発表されるというのは、ありえなくもない話なのかもしれません。

他にも、現在のAppleは「Apple Car」や「ARグラス」など、様々な新製品の開発が噂されています。今回のWWDC22で、何かしらの新情報が明らかになることにも期待したいところです。

今回のWWDC 2022では発表の他、Appleの「State of the Union」や「Apple Design Award」のイベント、オンラインセッション、開発者向けのマンツーマンラボなど、開発者がAppleのエンジニアやデザイナーと交流する数多くの機会が用意されているとのこと。WWDCでは通常、開発者向けのベータ版OSも開放されるので、そちらからも今後のApple製品の姿が浮かんでくるかもしれません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!