iPhoneの新OSに「AR/VRヘッドセット」登場の予兆、2022年末に登場の可能性ありと経済紙記者が予測



» 次世代のスティーブ・ジョブズと賞賛された女性起業家のヤバすぎる正体




Appleは現在、新たな製品ラインナップとして「AR/VRヘッドセット」の開発に取り組んでいると伝えられています。このデバイスの登場時期について、経済指揮者のマーク・ガーマン氏が最新情報を報告しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:Appleinsiders ,Aderosa

WWDC 2022に登場するiOS 16に「AR/VRヘッドセット」登場の予兆があると経済指揮者


テック系メディア「Appleinsiders」によると、このデバイスは現在、生産前のテストが行われていると噂されているとのこと。さらにAppleは、このデバイス向けのソフトウェアも準備しているはずです。

このデバイスは6月に行われるAppleの開発者向けイベント、WWDC 22に登場することが期待されていました。経済紙記者のマーク・ガーマン氏は最新レポートで、WWDC 2022で期待することを説明する中で、このAppleのヘッドセットについても触れています。

ガーマン氏は、AR/VRヘッドセットについて、WWDC 2022での発売は「まだ問題外だろう」としていますが、同デバイスは2022年末から2023年初頭の間に発売が行われる可能性があるとのこと。


登場が近いといえる根拠として、同氏はWWDC 2022で発表される見込みのiOS 16のベータ版に「ヘッドセットとiPhoneとの相互作用への言及がぎっしり詰まっている」という情報筋の情報を共有しています。AppleのAR/VRヘッドセットはiOSデバイスと連携して動作するといわれており、その連携機能がiOS 16に組み込まれているそうです。

Appleは当初、このデバイスをWWDC 2022中に発売することを計画していたとのことですが、これは延期されたようです。ただし、iOSの更新サイクルを考えると、同デバイスは少なくとも、2022年6月〜23年6月の間に発売されると予測できます。

また、AppleがAR/VRデバイスのソフトウェアの一部を、開発者向けに早期プレビューする準備を進めている可能性もあるとのこと。このOSの名称は「rOS」とされています。

その他のiOS 16の機能については、通知のアップデートや、新しいヘルストラッキング機能など、「全体的にかなり大幅な機能強化が行われる」とガーマン氏は予想しています。ただし、iOSのインターフェイスの大幅な再設計は行われないとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!