「Apple Pencil」の値段がお高い納得のワケ

「Apple Pencil」に込められたAppleのこだわりとは?

デジタル筆記具で最も重要な「動作の遅延」についても「Apple Pencil」は対策しています。


スタイラスペンというものは、線がスタイラスの先端から大きく遅れていると、実際の鉛筆のような滑らかな描き心地は得られません。AppleはiPadのソフトウェアを最適化することで「Apple Pencil」の遅延を業界トップクラスの9ミリ/秒に抑えたのです。

そして、Appleは充電の早さにもこだわりました。なんと「Apple Pencil」は、わずか15秒の充電で、30分以上の使用時間を実現したのです。これで、バッテリー切れで作業が滞ることを防ぐことができます。


「Apple Pencil」は見た目こそプラスチックのただのペンですが、15,950円(税込)という価格に相応しい最新技術を備えているのです。


また、現行の「Apple Pencil」のセンサーではダブルタップのみが使用可能ですが、Appleが新たに申請した特許には、スタイラスペンのセンサーを一定時間内で複数のタッチやスライドができる機能や、圧迫力または圧縮力を検出するための1つまたは複数のセンサーを含むことができるという記載もあります。

長年登場していない新型「Apple Pencil」ですが、もしかすると次期モデルでは、新たな機能が使えるようになるかもしれませんね。

記事を最初から読む

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!