縦折り「iPhone 14 Flip」の異形の予測CG


» 無料で2泊&80,000ポイント還元の「ヒルトンAMEXプレミアム・カード」入会キャンペーンがお得!!!




折りたたみディスプレイを備えた「iPhone 14 Flip」。

サムスンやモトローラーの端末のような「縦折り」画面はiPhoneでも採用されるのでしょうか?



*Category:テクノロジー Technology|*Source:#ios beta news ,DSCC ,MacRumors

折りたたみ「iPhone 14 Flip」の予測CG



こちらがiPhone 14 Flipの予測CG。折りたたみ式のデザインで、Lightningポートも無い近未来的な設計になっています。



畳んでいる状態ではほぼ正方形で、開くと縦長になる感じ。名前からして、だいぶGalaxy Z Flipシリーズを意識しているのは間違いなさそうです。



カメラ横にはサブディスプレイも搭載。ちなみに形状は違えど、これも「Galaxy Z Flip3」に搭載されている機能です。折りたたんでても通知が確認できるのが便利。



完全にたたむと、画面はピッタリくっつきコンパクトに。前ポケットにいれても、後ろポケットにいれても邪魔にならなそうですね。



こうしてみると近未来感がありますが、どこか懐かしさも感じます。ノートパソコンといいガラケーといい、やっぱり持ち運び端末は最終的に「折り畳める」ようになっちゃうわけです。



ちなみに、スペックもちゃんと設定があります。「SupercolorpixelisticXDRidoious」ディスプレイって、なんか凄そう。



折りたたみiPhoneは実際に登場するのか?



ディスプレイ業界に詳しいロス・ヤング氏のレポートによると、折りたたみiPhoneの登場は2024年あたりになる可能性が高いとのこと。

折りたたみとなれば、スマートフォンの形状は無限大。各メーカーがどんな個性的なスマホを出し、そしてAppleがどんな答えを見つけるのでしょうか?

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!