Androidいまさら? iPhoneに「6年前からあったアノ機能」にやっと対応のうわさ



» Apple CEO「それならAndroidを買えばいい」iPhoneでは絶対に譲れないこと




AndroidからiPhoneへの移行をサポートするAndroidアプリ「Move to iOS(iOSに移行)」は2015年にリリースされ、これまでに約1億インストールされています。

これに対し先日、iPhoneからAndroidにデータ移行できるiOSアプリ「Switch to Android」をGoogleが開発していることが明らかにしました。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Appleinsiders ,9to5Google

iPhoneからAndroidに移行するiOSアプリ「Switch to Android」の存在が明らかに


6年前から、AndroidからiPhoneへの移行は「Move to iOS」の存在により、2つの端末をワイヤレスまたはUSBケーブルで接続するだけで、アプリ、連絡先、メッセージ、写真などをシームレスにコピーすることができました。

一方、iPhoneからAndroidへのデータコピーは、これまでGoogle Driveにデータをバックアップし、手動で復元する必要があり、やや複雑なプロセスとなっていました。

今回ようやくリリースされた「Switch to Android」は現在、非公開のアプリケーションとしてApp Storeにソフトローンチされている状態です。

App Storeの説明によると、「Switch to Android」は、写真、ビデオ、連絡先、カレンダーなどのデータを、対象のAndroid端末に転送するアプリです。この移行はすべてワイヤレスで行われ、ケーブルは必要ありません。


ただし、このアプリを発見した「9to5Google」によると、iOS側ではすべてが準備されているように見えるものの、Android側でのセットアップと復元プロセスはまだ準備できていないようです。

Googleがいつ「Switch to Android」を公式リリースするのかはまだ不明ですが、Appleの「Move to iOS」アプリに対し、現時点でも6年以上と大きく遅れているのは確か。かなり「いまさら」感はあるものの、面倒な引き継ぎが便利な機能があるに越したことはありません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!