UMAのような足跡を残せるスニーカー「The Cryptide」完全3Dプリントされた靴の履き心地は?



» Androidいまさら? iPhoneに「6年前からあったアノ機能」にやっと対応のうわさ




ドイツのデザイナー兼建築家のステファン・ヘンリック氏が、完全3Dプリントのスニーカー「The Cryptide」を制作し、公開しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:SINTRATEC ,sintratec.com

ドイツ人デザイナーが作成、完全3Dプリントのスニーカー「The Cryptide」


この珍しい形状のスニーカー「The Cryptide」は、柔軟なTPE素材を「Sintratec S2」システムで作成するため、特別にデザインされたものです。


「The Cryptide」は開放感のあるデザインのソールと、靴下サイズのシューズを組み合わせプリントしたもの。その名の通り、ビッグフットやネス湖のネッシーのような伝説の生物、英語でいう「Cryptid」にインスパイアされています。


確かにソールの部分は奇妙なデザインです。「この靴を履くと、未確認生物(UMA)のような足跡を残すことができる」とデザイナーのヘンリック氏は説明します。


このスニーカーは、Sintratec TPEエラストマーという1つの材料で3Dプリントされています。同じ素材を使いながらも、厚みを変えることで特定の部分を硬くし、他の部分は柔軟で柔らかくするという独創的な設計です。動画では、実際にスニーカーを捻っても平気な様子が映されています。


個人の足のサイズに合わせるられることも、3Dプリントの利点を生かした「The Cryptide」の特徴。「足をスキャンし、個人の足に適合させられる」とヘンリック氏は語りました。


これらの設計により、「The Cryptide」は人間工学的なだけではなく、快適な履き心地を実現しているそう。「TPEは、靴をデザインするのに最適な素材だと思います」と、ヘンリックは総括しています。

これまでの靴には中々見られないデザインですが、ソールは確かに柔らかそうで、一度履いてみたくなるような「The Cryptide」。3Dプリンターが普及すれば、現状のシューズメーカーは「パーソナライズされたスニーカー」との戦いを強いられるのかも知れませんね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!