Appleが3,600億円で買収したBeatsの「3つの魅力」とは?



» テスラ超え狙うAppleの秘密兵器「Apple Car」はどのような車になるのか?




2014年5月、Appleは「Beats Electronics」を30億ドル(約3,600億円)で買収すると発表しました。

これは、Appleが行なった買収の中で最も高額な金額です。なぜ、Appleはこのような買収をしたのか、そして、この買収に30億ドルの価値があったのかを、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,wikipedia

Appleが手に入れたかった「Beats」の魅力とは?




AppleがBeatsを買収した理由は3つあると、Appleの幹部であるEddy Cueが発言しています。まず、1つ目の理由は、Beatsには優れた特徴があったからです。

Beatsは、90年代にインタースコープ・レコードを共同設立し、その後、世界で最も成功したレーベルの1つとなったJimmy Iovineと、歴史上最も有名なラッパーの一人であり、レコードプロデューサー、オーディオエンジニアとしても成功を収めていたDr.Dreという、音楽業界で最も強力で影響力のある2人によって設立されました。


2006年にBeats Electronicsを設立した時、同社がすぐに成功を収めたのは驚くべきことではありません。

なぜ彼らの製品が広く受け入れられたかというと、彼らは自分たちの音楽を聴く層と、その層に最もアピールできるヘッドフォンがどのようなモノかを理解していたからです。またBeatsが狙った層は、ソニーやボーズといった老舗の音響メーカーが長年見過ごしてきた市場でした。

このような高いレベルの才能と知名度は、Appleが新しい製品やサービスを生み出す際に常に求めているものです。


Appleは実際に「HomePod」のような新製品を開発した時、THXサウンドシステムを発明したことで有名なトムリンM.ホルマンをAppleのオーディオディレクターとして雇いました。そして、より優れた製品を製造しようとしたのです。

また「Apple TV Plus」のリリースでは「Opera」「Steven Spielberg」「J.J.Abrams」といった最も有名な俳優、監督、作家たちを雇い、コンテンツを制作したこともあります。


Appleは、常に最高の人材を集めることに重点を置いており、BeatsのIovineとDreは、Appleの求める条件に一致していました。

そして、Appleは彼らの才能を「音楽ストリーミングサービスの構築」に活かしたいと考えたのです。


2つ目の理由は「Beats Music」のサービスに使われているすべての技術にアクセスし、所有したかったというものです。

2014年1月、BeatsはBeats Musicという音楽ストリーミングサービスを開始しました。


このサービスは、「オンデマンドのサブスクリプションサービスの自由さ」と「感動できる音楽だけが与えられる感覚」を組み合わせて提供すると宣伝し、Spotifyなどの他のサービスとの差別化を図っていました。

実際のところ、2014年当時はその意味がよく分からず、現在もまだよく分かっていません。しかし、Iovineは、より適切なタイミングで適切な曲をかけることの重要性や、今聴いている曲よりも重要なのは次にかかる曲だということをよく口にしていました。

つまり、Spotifyよりも満足のいく順序で曲を再生する音楽サービスを提供しようとしていたということです。

ただ、当時のBeats Musicのサービスを試したユーザーは、その設計目標がもたらす実利的な効果は実感できませんでした。しかし、そのユニークなストリーミング音楽へのアプローチは、まさにAppleが求めていたものだったのです。


当時、Spotifyは世界中で爆発的な人気を誇っており、iTunesは苦戦していました。Beats Musicのサービス開始後、わずか4カ月でBeatsとの買収交渉を開始したのはAppleが相当焦っていた証拠です。

このサービスは、後に「Apple Music」となります。この出来事は、実はiTunesが誕生した時と同じ方法なのです。


AppleはSoundJamというソフトウェアを購入し、そのクリエイターをAppleに参加させました。そして、更に技術を発展させ、最終的にiTunesとなったのです。


重要なことは、Appleが開発に参加したことで、ソフトの見た目や挙動がかなり変わったということです。そして、同じことがBeats Musicにも言えます。

Appleは、単に名前とロゴを付けて終わりにしたわけではありません。実際に約1年かけて機能を追加し、インターフェースを最適化することで、最高のストリーミングサービスを作り上げたのです。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!