「iPhone SE」にだけホームボタンが残っている理由



» 【Apple vs ハッカー】iPhoneと「脱獄」の長い歴史




iPhoneの最安モデルである「iPhone SE」には、なぜ今もホームボタンがあるのでしょうか。これについて、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,Apple

「iPhone SE」にホームボタンが残っているのはなぜ?




「iPhone SE」は、2021年の販売台数で、フラッグシップモデルの「iPhone 13 Pro Max」を上回り、Appleのベストセラースマートフォンの1つとなっています。

SEは他の現行モデルのiPhoneと比較すると、デザインが違います。

その違いとは、SE以外の機種には、すべてノッチがありホームボタンが無いというところです。


AppleがSEだけにホームボタンを搭載し、SE以外のモデルには搭載しない理由は、コストを削減するためだからです。

ホームボタンは2007年に発売された初代iPhoneから搭載され、何度か仕様が変更されています。


2013年の「iPhone 5s」では、ホームボタンに「Touch ID」が内蔵されました。これにより、ユーザーの指紋をスキャンして、タップするだけでロックが解除されるようになりました。


そして、ボタンから四角いアイコンが消え、わずかに凹んでいたボタンが完全にフラットになりました。

2016年の「iPhone 7」では、ソリッドステートホームボタンにアップグレードされ、押したときに物理的なカチッという音がしないようになりました。その代わりに、バイブレーターの振動でクリックした感覚を得られるように仕様変更されています。


この変更で、ボタンの耐久性が向上し、振動の強弱をカスタマイズできるようになりました。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!